バイクのタイヤって2種類あるのご存知ですか?

タイヤの種類は2種類あります

バイクのタイヤの種類の話をすると、バイクに詳しく無い友人から、「え、タイヤに種類なんてあるの?」何てことを言われてしまいます。
そりゃ、乗って居ない人は知らないよなぁ…と若干反省しつつも、せっかくなので今回は、タイヤの種類について書きたいと思います。

タイヤは大きく分けて二種類。
バイアスタイヤと呼ばれる物と、ラジアルタイヤと呼ばれるタイヤの、二種類があります。
それぞれのタイヤは同じタイヤでも、全く性能や値段などが異なるので、タイヤ選びの際には、それぞれのメリットデメリットを踏まえた上で選んでみて下さい。

まず、よく使われるタイプのタイヤとして知られているのが、バイアスタイヤです。
初心者入門的なタイヤで、お値段もお手頃価格で購入できるのがメリットになります。
ですがその分寿命が短い物が多く、性能の面も、ラジアルに劣るタイプがほとんどでしょう。

次に、ラジアルタイヤです。
バイアスタイヤが斜めに重なり合うような構造をしているのに対して、ラジアルタイヤは縦横重なり合うような構造になっています。
この構造の違いが圧倒的な性能の差を生み出して、コーナリングの安定感、ブレーキの利きにも影響を表すでしょう。

寿命も長いものが多いのがメリットですが、その分お値段も跳ね上がります。
タイヤによっても異なりますが、大体のタイプが非常に高価です。

このように、同じタイヤでも、それぞれ色々な違い、メリットデメリットがあるので、これを踏まえた上で、自分に合っているタイヤ選びをする事が必要になります。

減ってきたときの危険度が違うので気をつけて!

毎日のようにバイクに乗るという方であれば、多少お値段が高くても、最初からラジアルタイヤにした方が良いと思います。
ラジアルタイヤは寿命が長いですので、安いバイアスタイヤを何度も何度も買い換えるよりも、どっしりと長い間手元にいてくれるでしょう。

後は、タイヤがすり減ってしまったときの、危険度も全然変わります。
ラジアルの方は、多少すり減っても、有る程度まではしっかりと走ってくれるのですが、バイアスの方は、少しでもすり減ったらかなり危険。
真ん中からどんどんすり減っていって、気がついた時には転倒するまでの事態に陥る、なんてこともよくあるみたいですので気をつけましょう。

簡単に言っちゃうと、お金に余裕があるならラジアル、そこまでバイクに乗らないし、出来るだけコストを抑えたいというようであれば、バイアルかなあと思います。

もちろんタイヤによって、バイアルでも有る程度の機能性が期待出来るタイプもあるので、絶対にダメって訳じゃ有りません。
ただ、違いは事前に理解した上で、使うようにして下さいね。