草津温泉に行ってきたよ!

関東屈伸の大人気温泉スポット

関東の人気の温泉地として必ず上位に名前が上がる草津温泉は群馬県にあります。
草津温泉は年間多くの人々で賑わいますが、山の中にあり、高速道路のインターチェンジからも離れており、交通の便は良いとは言えません。

けれど、ツーリングを楽しむ人にとっては走りごたえがあり、景観も良くいくつかのルートがあるんです。
草津温泉までのルートは大きく3つに分かれるのではないでしょうか。

まず1つ目は、軽井沢ルートです。
上越道の碓氷軽井沢インターより、軽井沢の中心街を通り抜け、峠の茶屋より日本ロマンチック街道をとにかく北上して草津温泉へ。
もしくは鬼押出しハイウェーや万座ハイウェー等の有料道路を乗り継ぎ草津温泉へ。
こちらのルートは、人気の軽井沢を通り抜けるので道が混んでいる場合が多く、さらにくねくねした道が多く、そういったのを楽しむ人には向いていますが、そこまでの景観は望めません。

2つ目は関越道渋川伊香保インターチェンジから、ひたすら一般道で草津温泉を目指すルート。
こちらは田舎道をひたすら走るといったような走りが好きな方にはおすすめしますが、正直景観が良いとは言えません。

3つ目は上越道信州中野インターより志賀高原を通り草津温泉へ向かうルートです。
こちらは高速のインターを降りてから草津温泉に到着するまでの距離感も良く、景観も抜群です。
寄ってほしいおすすめすぽっともいくつかあるので、こちらを中心にお話進めていきます。

どんな季節でもおすすめルート

まずはひたすら高速道路で信州中野インターを目指して走りましょう!
東京方面からの方は、1つ手前の小布施PAにあるハイウェイオアシスに寄るのもおすすめです。
季節の果物が信じられない安さで販売していたり、併設する道の駅に栗ソフトや栗おこわ等、小布施のグルメが楽しめます。

信州中野インターを降りたら、まずは志賀高原方面に進みます。
最初の方は比較的都会な街並みですが、だんだんりんご畑が広がる景色に変化していきます。
途中道の駅北信州やまのうちで休憩するのも良いでしょう。
季節によって、ご当地のりんごや地場野菜、きのこがお安く手に入ります。

こちらの道の駅界隈には、湯田中温泉や渋温泉といった温泉街もあります。
温泉をはしごしたい方は寄ってみるのも良いですね。

国道292号線を更に進んでいくと、いよいよ志賀高原に向かいます。
山を登っていくにつれて景観も良く、道も整備されているので走りやすいですよ。

池が見え始めたら志賀高原地域突入となり、標高が高いと植物もわかるようなものに変わっていきます。
ひたすら292号線をすすみ、渋峠にある横手山を目指し進んでみましょう。

渋峠に着くと、休憩が出来、とても展望の良い場所に到着します。
晴れたにには北アルプスも望め、とても美しい風景です。
横手山へ登るエスカレーターがありますが、登ってみると、日本一標高の高いパン屋さんがありますよ。

さらに進んで行くと白根山付近を通過しますが、噴火していると通行止になりますので、あらかじめ調べましょう。
白根山を通過したら草津温泉はもうすぐです。
草津温泉スキー場を通過すると、草津温泉に到着です。

このルートはとにかく景観が良いのでツーリングには最高ですよ。