長野の立石公園!「君の名は。」の聖地

聖地巡りツーリング

大ヒット映画「君の名は。」の聖地巡礼がとても流行っておりますが、聖地とよばれる場所は東京や永野岐阜等、点々とあります。

中でも映画のシーンで一番多く登場するのは長野県の諏訪湖周辺だと言われています。
実際にはココ!とはっきり指定されているわけではないのですが、映画のシーンと照らし合わせてみると、あきらかにここだろうという場所です。

映画を見た方はわかると思いますが、隕石により壊滅した糸守湖というのがあります。
この糸森湖はモデルとなったのは諏訪湖ではないかと言われており、立石公園からの諏訪湖の風景が映画のクライマックスシーンに合わさります。

立石公園は長野県諏訪市上諏訪に存在します。
諏訪湖と下諏訪町、岡谷市が一望できるとっても美しい景観の公園です。
中央道の諏訪インターチェンジで車やバイクで20分程で到着します。

こちらの風景はいつ行っても美しいのですが、夕暮れ時がおすすめです。
映画のシーンも夕暮れ時だったので、同じように夕暮れを狙って来る方も多く、無料駐車場がいっぱいになる時もあるようです。

夕暮れ時は、青い空がピンク色に染まり、だんだんと深い青に変わっていき、そして夜を向かえます。
空だけでなく、湖面も赤く染まるので、本当に美しいです。
遠くには北アルプスのシルエットも見え、ここでしか見れない情景です。

普通自動車が30台置ける大きな駐車場なので、満車になるとは相当人気ですね。
バイクは自動車の駐車場に置くか、迷惑にならない場所に駐輪しましょう。

こちらは夜景も綺麗なのでカップルにも人気スポットです。
町の明かりがまるで宝石のようにキラキラと見えるので、本当に美しいです。
冬は空気が澄んでいるので、星もたくさん見え、最高にきれいな星空です。

クライマックスの時間に向かう

先程も述べましたが、映画のクライマックスシーンは夕暮れ時です。
その頃の景色が最高に美しいので、その時間に向かいたいですね。

よってツーリングで立石公園に向かうには、夕暮れ時をゴールとして、日中は諏訪湖周辺をツーリングで楽しまれると楽しいのではないかと思います。

同じく聖地巡礼スポットとして、高ボッチ高原があります。
こちらも立石公園と同じく、眼下に諏訪湖が一望できるんです。
高ボッチ高原は岡谷市に存在し、長野自動車道の岡谷インターチェンジが最寄りです。

こちらは標高が高いので、携帯の電波も入りにくいです。
徒歩では行きづらい場所で、ひたすら林道を走り抜く形となるので、車かバイクが最適でしょう。

高ボッチ高原までの道は林道なのであまり景観は良くないですが、到着すると一気に場所が開けます。
時期によっては雲海に包まれ幻想的な高原です。
駐車場から3分程歩くと見晴らしの丘があり、富士山南アルプス、八ヶ岳、そして諏訪湖を眺められます。

立石公園と高ボッチ高原を両方めぐるにはちょうど良い距離なので、ぜひ両方を巡ってみて、それぞれの場所から諏訪湖をバックに映画と同じシーンを体感してみるのをおすすめします!