芦ノ湖で非日常を体験!

芦ノ湖へはどのルートが良いか?

関東の人気関東スポットのひとつといえば箱根エリア。
中でも芦ノ湖周辺の観光は年中人気があり、大勢の観光客で賑わいます。

芦ノ湖へ向かうには、大きく3パターンがあると思われます。
その1は、神奈川県の小田原方面から向かう方法、その2は静岡県の三島方面から向かう方法。
その3として神奈川県の御殿場から向かうルートです。

どのコースもハズレはなくおすすめですが、まずは御殿場方面から向かうルートをご紹介します。
このコースは、御殿場から二つの有料道路を通り芦ノ湖へ向かいます。

この区間は23Kmあるのですが、信号がなく、渋滞もないことで注目されているルートです。
ツーリングを楽しむ方にとっては、信号なく走り続けられるのは快適ですね。

こちらのコースはいつくか絶景ポイントがあるので、見逃さず寄ってみましょう。
まずは芦ノ湖展望公園が絶景ポイントのひとつです。
この展望公園は芦ノ湖がが一望できる最高の展望台があります。

なかなか芦ノ湖と周りを囲む山々をすべて一望できるポイントはありません。
駒ケ岳・神山は活火山であり、展望台からはカルデラであることが一望できることによりよく分かります。

次の絶景ポイントは富士見ヶ丘貢献です。
長尾峠方面を走り、大きなカーブを過ぎると富士見ヶ丘公園に到着します。

こちらはなんといっても富士山の展望が最高なのです。
展望地の標高は1010mで、富士山の裾野から頂上まで一円が展望出来ます。
ぜひ晴れた日に望みたいものです。

三島側からもおすすめ

芦ノ湖へ向かうルートは、一番人気があるのは小田原から向かうルートではないでしょうか。
時期によってはとても渋滞するルートです。
意外と渋滞なくスムーズに芦ノ湖へ到着できるのが三島ルートです。

静岡県側から行くのは遠回りな気持ちもありますが、第二東名高速道路で伊豆縦貫道へ進み、三島塚原インターを降りると、国道1号線に繋がります。
そこから箱根方面に向かうとあっという間に箱根峠に到着し、目の前には芦ノ湖が現れるのです。

東名高速の沼津インターチェンジから芦ノ湖まで30分程で行けるというデータもあり、しかも有料道路もありません。
伊豆縦貫道は現在無料となっており、とってもオトクなルートでしかも早く到着できるんです。

沼津で海の幸を楽しんだり、三島でうなぎや日本一長い吊橋スカイウォークを楽しんでから芦ノ湖に向かうという贅沢はハシゴも楽しめますよ。

芦ノ湖ではなんといっても箱根神社や箱根関所、遊覧船といった非日常を感じるポイントが多数あります。
歴史探訪やパワースポット巡りとして、休日は存分に楽しみたい場所です。
ツーリングのみを楽しみたい方、観光も両方楽しみたい方、それぞれかと思います。
自分に合ったルートでぜひ芦ノ湖エリアを楽しみましょう!