座間市のひまわり畑へレッツゴー♪

55万本のひまわり畑目指して

神奈川県座間市に、毎年7月下旬あたりから8月中旬までひまわり畑に出会えるのを知っていますか?
ひまわり畑は二箇所に分かれており、前半は栗原地区、後半は座間地区とそれぞれ楽しめます。

ひまわり畑は他の地域にも有名どころがありますが、神奈川県の座間は都内からのアクセスも良く、東名高速を利用すれば横浜町田インターチェンジより10kmくらい、圏央道の厚木インターチェンジを利用すれば8kmの場所にあります。
バイクを利用すれば軽いツーリングとしてひまわり畑に到着します。

無料の駐車場も完備しており、駐車場からはシャトルバスで現地に向かいます。
駐車場までの道のりは、東名高速も圏央道からのアクセスも良いので、東京方面の方も、神奈川県内にお住まいの方も、埼玉方面の方も来やすいですね。

ひまわりの咲く季節は流行り真夏で、日差しも強く温度も高いです。
ツーリングされる場合は、熱中症対策を充分に行ってから、ひまわり畑目指して走ってきてください。

ひまわりの花は見ているだけでとても元気な気持ちになれますね。
黄色というビタミンカラーだからでしょうか。
座間までの道のりが暑くても、ひまわり畑を想像するだけで頑張って走れそうです。

座間市は、市の花としてひまわりを指定しているほど、ひまわりに力を入れています。
本来は使っていない田畑の荒廃対策としてひまわりを植えるようになりました。
それが今では55万本ひまわりが咲き誇るようになり、どこまでも続くひまわり畑は圧巻です。

もちろんインスタ映えもしますので、一面のひまわりを撮影して、みんなに自慢したいですね。
元気いっぱいのひまわりは、やはり天気の良い日に見に行きたいですね。
青い空と黄色いひまわりの風景は、心が癒やされ、明日への活力さえ出てきます。

雨が降った後のひまわりや、夕景のひまわり畑も意外と美しいです。
夕日がひまわりの花びらを透けて映る様子など、とっておきの写真も撮っておきたいです。

ひまわりに関するお土産にも大注目

座間のひまわり祭りでは、ひまわりが一望できるだけではなく、同時にイベントも開催しています。
びっくりするのが、座間オリジナルのひまわりサイダーです。
夏にピッタリの冷たいサイダーですが、ひまわり味はちょっと怖い気もしますが、安心してください。
味はパイナップル味で、ひまわりと同じカラーなので、美味しくお飲みいただけます。

ざまりんというご当地キャラクターにも注目です。
ひまわりの葉を頭につけたゆるきゃらで、遭遇したらラッキーですのでぜひ一緒に写真を撮り、ざまりんを可愛がってあげましょう。

会場に咲いているひまわりを刈り取って持ち帰るのも可能となっており、ひまわりの種の販売もあります。
座間市の農作物も販売しているので、お土産にいかがでしょうか。