私がバイクの冬眠準備のために毎年確認していること

ついつい忘れがちなバイクの冬眠準備

ズボラな私がついつい忘れてしまいがちな、バイクの冬眠準備。
毎回ギリギリまでやらず、追い詰められてからやっとやって居るので、今年は早め早めに冬眠準備を始めたいと思います。

私が毎年やって居る冬眠準備は、まずタイヤの空気圧チェック。
これ、つい忘れちゃうので、いっつも一番最初に私はやっています。
ちょっと面倒なんですけど、空気圧を適正量チェックして、入れたり抜いたり、確認しながら作業を進めていくんです。

次に、ガソリンスタンドに行ってガソリンを満タンにしてきます。
少しでも隙間があると良くないみたいなんで、しっかりと満タンにした上で、冬眠準備を続行。

ガソリン満タンにした後は、燃料コックをオフにしてから、キャブレターの中に残って居るガソリンだけを抜いていきます。
ここで燃料コックオフにしないと、せっかく満タンにしたガソリンが全部出てくるので、絶対に注意して下さいね!
思っているよりもキャブレターからガソリンって抜け出てくるので、大きめな容器を用意して入れて下さい。

それからバッテリーを外して、センタースタンドに切り替え、最後にしっかりとシートにくるんだら、冬眠完成です!

こうやって文章で書くのは楽なんですけどね~。
私は要領が良くないのもあって、ほぼ1日がかりでやっと冬眠完了できるんですよ~。

慣れもあるって聞いたことがあるんですけど、どうなんでしょ?
早くササッと冬眠準備が出来るようになりたいです。

最悪一週間に一度のアイドリングでもOK

とはいえ、冬眠ってやっぱ準備が面倒くさい。
色々と調べてみたら、なんと、わざわざこんなことしなくても、一週間に一度エンジンをかけて、アイドリングをさせるだけで、冬眠なんてしなくて平気みたいです。

なるほど確かに。
冬場に長期的に乗らなくなるから、ガソリンが腐ったり、錆びてしまったりするわけですもんね。
今年はこの方法にしようかなぁ。

そう考えると、冬でもバイクに乗る人って、そういえば冬眠って必要ないんですね。
私なんかは、冬場は寒くて滅多な事では乗らないので、すぐさま冬眠させてしまうんですけど、いやはや、どうしてもこれが面倒くさい。

後は、屋外保管だとどうしても錆びやすいので、出来れば屋内保管がベストみたいです。
密封された車庫とかが有れば便利なんでしょうけど、そんな空間あったかなぁ。
さすがに家の中に入れたら怒られちゃいますもんね。

後は、ショップによって冬眠やって貰える所もあるみたいです。
お金がかかりますけど、プロに頼めば間違いなくちゃんとやって貰えるので安心ですよね。

とはいえ、貧乏ライダーの私は、そんなお金の余裕も無く。
今年もやっぱり、頑張って自分でやります!

ツーリングに持って行きたいオススメのモバイルバッテリー

ツーリングの時に欠かせない、モバイルバッテリー

ツーリングをするときに、ケータイのカーナビを使ったり、音楽を流したり、ケータイを結構使ってるので、びっくりするほどすぐに充電がつきます。
意外とそういうライダーさんって少なく無いみたいで、この前、帰り道でケータイの充電が切れて、ナビが使えず迷子になったという方にもお会いしました。

明日は我が身、そうならないためにも、やっぱりモバイルバッテリーって重要ですね!
というわけで、ツーリングの時にどんなモバイルバッテリーが良いか、色々とおすすめをお教えします!

持ち運びと機能性を重視するなら、Anker PowerCore Fusion 5000

ツーリングの時には出来るだけ荷物にならないように、モバイルバッテリーも小型にしたいものです。

そんな願いを叶えてくれるのが、Anker PowerCore Fusion 5000!
このモバイルバッテリー、コンセントに直差しが出来て余計なコードがいらないのも嬉しいポイントで、本当に小型なので、どこに入れても邪魔にならずに使えます。

フル充電も3回分出来るので、ケータイをどんどん使っても問題なし!
持ち運びと機能性のバランスが良い、個人的には一押しのモバイルバッテリーです。

とにかくたくさん充電したいなら、Anker PowerCore 20100

ロングツーリングの時や、ケータイがすぐに充電が切れてしまうと言う方におすすめなのが、Anker PowerCore 20100です。
二の腕みたいな大きさをしてますけど、その分めちゃめちゃ充電が出来て、フル充電なんと7回も出来る程の、大容量モバイルバッテリーになります。

これだけ充電出来れば、大体の場面でもう大丈夫でしょう!
しかも充電スピードも速くて、あっと言う間に充電してくれるので、充電何回もしたいという方にはこちらがおすすめ。

大きいモバイルバッテリーなのに、お値段も3500円前後で買えるのが驚きのポイント。

バイクから直接充電よりもモバイルバッテリーのがおすすめ

個人的見解ですが、バイクのバッテリーから直接繋いで充電するよりも、モバイルバッテリーを持っていって充電した方が、ケータイが痛みにくいと思います。
エンジンをオンオフしたりして充電しないといけないので、それがケータイには良くないと思うんですよね。

ケータイの種類によっても違うと思いますけど、そもそもあんまりそう言う目的でバイクのバッテリーが作られていないから、個人的にはあまり好きじゃ無いです。

そこまでバッテリーのサイズも大きくないですし、すぐにフル充電出来ますし、モバイルバッテリーの方が一石二鳥!
ネットでも手軽に購入できるので、自分に合っているモバイルバッテリーを選んで、素敵なツーリングライフを送りましょう!

って、人に紹介したばかりで、私もまだ買ってなかった。
私もこれから買います!

ラーメンツーリングって知ってますか?

ご存じですか?ラーメンツーリング

突然ですが、ラーメンツーリングって言葉ご存じでしょうか?
友達にラーメンツーリングの話をしたら、「ラーメンツーリングって何?」という発言を受けて、個人的に衝撃を受けたので、ここで説明しちゃいます!

ラーメンツーリングは、バイクのツーリング先で、カップ麺を作って、お外で出来たてほやほやのカップラーメンを食べるツーリングです。
ラーメン屋さんを巡ってツーリングをするわけではありませんよ!
それはそれで美味しそうですが。

外でカップラーメン食べるだけ?
何て良く言われますけど、まずは騙されたと思ってやってみて下さい!
いつものカップラーメンなのに、お外で食べるだけで、こんなに味が違うのかと、絶対驚愕しちゃいます!!

私もよくラーメンツーリングするのですが、意外とこのラーメンツーリングの存在、まだまだ広まって居ないみたいで。
これを機に、ラーメンツーリングの良さを広めて、ラーツー(ラーメンツーリングの略)の輪を広げようと思います!

荷物はそこまで多くなくても出来るので、始めての方でも安心ですよ!

小さいコンロ類とカップ麺だけでOK

携帯コンロ、かさばるし大きいし、わざわざツーリングで抱えて持っていくのはちょっと、何て思っていませんか?
いえいえ、最近はラーツーに優しい、手のひらサイズの携帯コンロも色々と打っているので、是非とも探してみて下さい!

小さいコンロだと火力が不十分?
いえいえ、全然そんなことはないです!

もちろん商品によっても違うと思いますが、中には、ポケットサイズなのに3600Kcal/hという、ハイパワーの便利な商品もありますよ!
水を入れてから沸騰するまで、3分かからずに熱湯になるので、あっと言う間にカップラーメン食べられちゃいます。

あとこれは完全の私の好みの問題ですが、カップラーメンを選ぶ時には、小袋系が無い、純粋にお湯を入れて作るだけのタイプの方が、何か美味しく感じる気が。
…何でと聞かれると、全く根拠は無いので困っちゃうんですけど、こればっかりは完全に好みの問題なので、好きな物を持っていって下さい!

お湯を沸かすためのお水は、水筒に入れて、飲み水としても飲みながらすると荷物がかさばらずに済みます。
食べ終わった後のカップラーメンのケースを間違っても捨てることが無いように!
しっかりと潰してゴミ袋に入れればかさばらないので、忘れずに持ち帰りましょう。

あぁ、ラーメンツーリングの話してたら、カップラーメン食べたくなっちゃいました。
出来ればツーリングの時に食べたいんですけど、ちょっとフライングで先に食べちゃいます!

ラーメンツーリング、一人でも、誰かと一緒でも楽しめると思うので、是非やってみて下さい!