周囲の説得

普通二輪免許を取得するために自動車教習所に通い始めたことは両親も家族も知っていましたが、
まさか本当に大きなバイクを購入するとは夢にも思わなかった模様。

のんきな母親は、私が原付を買い替えるか、
免許の更新にてこずっているのだろう、ぐらいに思っていたそうです。

ところが、私が見事、普通二輪の免許を取得して、
あちこちからカタログやバイク雑誌を集めて真剣にバイク選びをしているところで、
ようやく事の事態を飲み込めたらしいのです。

私がどのバイクにするかを決めて、新車か中古かを悩んでいる、
そんな最終段階の時に、いきなり母親が「バイクは反対」と言い出しました。

私にとっては、まさに青天の霹靂、寝耳に水です。話を聞くと、
・バイクは事故にあった時が怖い
・車と比べて盗まれやすい
・雨の日に乗れない
・車と事故になっても、自動車扱いになってしまう
などが心配なのだとか。

もちろん、母の言っていることは間違っているとは思いませんし、最もだとも思います。

しかし、私のバイクに対する憧れは、そうしたバイクのリスクとかデメリットを乗り越えるほど大きく、必死に周囲を説得しました。

私の場合、兄がバイクの運転をするのですが、兄が私のバイク購入に賛成してくれたことは、
両親を説得するにはかなりプラスだったと思います。

両親と何回も話し合い、説得を続け、
最終的には「遠出をするなら、バイクではなく車で行く」ということで一応話はまとまり、
バイク購入にも賛成してくれることになりました。

そうした約束も、実際にバイクでツーリングに行き始めたりすると、
遠出でもバイクで行きたいということになり、親も毎回シブシブ納得してくれます。

サポートしてくれる両親や家族、そして周囲には本当に感謝ですね。

自転車とか原付の感覚で乗り始める人も多い二輪ですが、
実際には原付というよりも自動車に近い存在。

それは、バイクに乗り始めてから改めて実感しています。

自動車と比べると事故率も高いですから、
女性ライダーの場合には特に周囲の反対も大きいようです。

反対を押し切って購入する人もいますが、
やっぱり家族や周囲に応援されてライダーになったほうが良いわけで、
そういう点では時間がかかっても周囲を説得してからバイク購入に臨んだほうが良いかもしれませんね。

悩んだバイク選び

念願の普通二輪免許を取得したから、いよいよ本格的にバイク探し!

バイクに漠然と憧れていた時には、
ターミネーターが乗っていそうな巨大バイクに乗っている自分の姿を妄想したりもしたものですが、
実際に自分で購入して乗るバイクとなると、やっぱり妄想のママというわけにはいきませんね。

バイクって排気量だけではなく、車選びと同じで、いろいろなスタイルとか形とかあるのですよね。

カラーも違いますし、自分らしさをアピールするためにはカスタマイズも必要だったり。

しかも、メンズっぽいバイクもあれば、レディースでもOKな感じのものもあるので、
雑誌とかディーラーとか、バイク選びには時間をかけました。

最終的な候補になったのは、ヤマハのドラッグスター250、カワサキのエリミネーター250、
ごっつい感じのカワサキ・バリオスなど。メンズのような腕力があるわけでもないので、
あまり大きいバイクだと、万が一の転倒時には困るだろうし、
馬力があっても事故率が高くなってしまうのはどうだろうなぁ・・なんていろいろ考えながら、
最終的にはスポーティな感じが気に入ってヤマハのドラッグスター250に決め、
さっそくショールームへ。

そこで問題発生です!

私の残念な足の長さではつま先立ちになってしまうのです。
ショールームの人は、女性だとそういうことも良くあるとおっしゃりますが、
私にとってはやはり不安。そこで、バイクのスタイルや形は後回しにして、
とにかく足つきが良いバイクを選ぶことにしました。

そこで候補になったのが、スズキのボルティ、カワサキのエストレラ、新エリミネーター。

何回もいろいろなバイクに乗ったり降りたりして見ながら、
最終的にはカワサキのエリミネーターに決めました。

カワサキからラインナップされているエリミネーター。

「えりみ」という可愛いニックネームがついているからかどうかは知りませんが、
女性ライダーも多いバイクです。

しかも、バイク初心者にはかなりおすすめのバイクなのだとか。
中古バイクもたくさん市場に出回っているし、パーツもあちこちで見つけることができるから、
メンテや維持費にあまりお金をかけずに済むらしい・・

OLの給料でやりくりしている私にとっては,なんとも嬉しいですね。

ちなみに、このバイクは新車で購入すると、車体本体価格が60万円ぐらいです。

<車種紹介>
ヤマハのドラッグスター250
カワサキのエリミネーター250|wiki

免許を取るまで

私の場合、日本縦断みたいな長距離を運転する予定も計画もあったわけではありませんでしたが、
高速道路も普通に乗りたかったので、普通二輪免許を取ることにしました。

この免許は、400cc以下のバイクなら乗れるので大きさも手ごろだし、
腕力が弱いレディースにもおすすめ。仕事をしながら、空いた時間を見つけて、
自動車教習所に通い始めました。

普通二輪免許を取るためには、自動車教習所で学科試験とか技能教習を受けて、
卒業試験を受けます通常なら学科試験は2段階制で勉強するのですが、
自動車普通免許を持っている私は、運転マナーの講習を1時間だけ受けて終了できました。

技能試験は、バイクに乗ったことがない人だと、最初は少しきついかもしれません。

でも、普通二輪免許を取りたい人のほとんどは、バイクが大好きな人ばかりですし、
バイクの知識とか技術などもスポンジみたいにすぐに覚えられるから、
技能教習は楽しかったですね~。

私が自動車教習所で一番困ったことは、
予約を入れたことをすっかり忘れてしまうことが多かったことです。

免許を持ってる皆さんならご存知だと思いますが、
予約をドタキャンすると、キャンセル料が取られてしまうのですよね。

私の場合、仕事が忙しかったりしてウッカリ忘れてしまったということもありましたし、
もともとズボラな性格もあって、翌日に思い出して慌てた、なんてことも多かったものです。

あと、技能教習って雨天決行なんです!

「ヘアスタイルが崩れちゃう~」なんて人はバイクには向いてないかもしれません。

だって、バイクに乗ればヘルメットをかぶるとはいえ、
雨が降った時でも運転しなければいけませんよね。

雨が降っても槍が降っても、バイクを安全に運転する技術を身に着けるのが技能教習なのです。

雨の日はハンドルとか滑りやすいので、私もとっても苦労しました。

しかし、そんな甲斐あって、3か月もかかってしまいましたが、
無事に卒業し、普通二輪免許をゲットすることができました!

ちなみに、自動車教習所で卒業試験に合格すると、
自動車センターでは免許の申請だけで済みます。

申請には5100円の費用が掛かるので、忘れずに持って行ってくださいね。