Category Archives: ツーリング

牛久大仏の大きさに圧巻!

大仏目指してツーリング

茨城県牛久市に、ギネスブックにも認定されている世界一大きな大仏様がいます。
なんと120mあり、大仏様の中にはエレベーターがあり、展望台にもなっています。

牛久市は周りに大きな建物もなく、田園風景が広がっているので余計に大仏は大きく目立ちます。
そんな大きな大仏様目指してツーリングに行ってみましょう!

牛久大仏は、圏央道の阿見東インターチェンジより3分程で着きます。
よって、圏央道に乗ってしまえばあっという間に到着が見えてくる感じです。

都内からも高速を乗ってしまえばおよそ1時間程度で着いてしまいます。
茨城の牛久はとても遠く感じがちですが、意外と都内から近いのです。

ツーリングとなるとあっという間に牛久大仏に着いてしまいそうです。
よって、一般道で牛久大仏を目指す方法ももちろんあります。

千葉方面から大仏を目指す方は、一般道ルートがおすすめです。
東関東自動車道経由で圏央道というルートもありますが、茨城が誇る湖、霞ヶ浦があります。
せっかくのツーリングなので、こちらを眺めて大仏様に向かうというルートをおすすめします。

少し遠回りになりますが、成田近辺より国道51号線をひたすら茨城方向へ走らせます。
途中千葉の観光地、佐原を通過します。
一旦佐原で観光を楽しむのもツーリングの楽しみのひとつでしょう。

利根川を渡りひたすら51号線を進みます。
本来であれば成田から国道408号線を走れば牛久に近いのですので、早く大仏を見たい方は、こちらのルートをおすすめします。
51号線を走らせていると、125号線と交差しますので、125号線へ左折します。
そこからまっすぐ125号線に進んでいくと大仏方面ではあるのですが、206号線が出てきたら右折して直進します。
すると、霞ヶ浦が見えてきますので、せっかくなので霞ヶ浦ツーリングを少しでも楽しんでみてください。

途中、206号線が左折方面に切り替わるのですが、その界隈は稲敷町浮島という、れんこんの栽培がとても盛んな場所です。
なんと一袋100円でどっさりれんこんの入った無人販売所が100m間隔で見つけられる場所があります。
せっかくなので茨城名物のれんこんを購入されるのをおすすめします。

大仏目指して

ひたすら206号線をまっすぐ進むと牛久方面に向かえます。
大仏に近づくと突如でん!と現れますので、あえて道を調べず、大仏めがけて走ってみるのも面白そうです。

牛久大仏は大晦日から新年にかけて、カウントダウン花火イベントが行われます。
大仏様がカウントダウンに合わせ、カラフルにライトアップされます。

普段は高い所静かに見守ってくれている大仏様ですが、カウントダウンイベントではかなりド派手な演出となります。
カウントダウンイベント参加に向けてツーリングも盛り上がりそうですね!

沖縄上陸!レンタルバイクで疾走

安くて便利

沖縄に来たなら、ぜひレンタルバイクで沖縄中を走り回りましょう!
レンタカーも良いですが、沖縄は車社会でとても渋滞します。
沖縄には電車がはしっておらず、唯一那覇市内を走るモノレールのみです。

沖縄を観光で巡るにはバスツアーで楽しむか、レンタカー、レンタルバイクになります。
せっかく気候のよい沖縄を楽しむのなら、レンタルバイクをおすすめします。

なんといっても車を借りるより安いです。
空港周辺で探しても安いですが、空港からモノレールに乗って二駅先くらいのお店ですともっと安かったりします。
時期やお店の状況にも異なりますので、借りる直前にお店のリサーチをしてみましょう。
あなたに合ったお店が必ず見つかるはずです。

レンタルバイクの良いところは、今まで乗ったことのなかった、乗ってみたいと思っていたバイクが借りられるという点です。
レンタカーを借りるより競争率も低く、満車で借りれない事態にはあまりならないようです。
お店に寄って借りれるバイクの種類も異なりますので、希望の車種がある場合はあらかじめ調べておきましょう。

先に述べた通り、沖縄は車社会なので、道がとても渋滞します。
家族に人数分の車を保有しているのも珍しくありません。
朝や夕方は特に通勤通学で混み合うので、時間のロスが半端ないです。

仮に帰宅する日に渋滞に巻き込まれて飛行機に乗れなかったら大変なことになりますね。
そう考えると、バイクの方が渋滞に巻き込まれずにすむ確率も高いです。
空港周辺で借りれれば、帰りに返却するのも楽で便利そうですね。

沖縄にはツーリングスポットがたくさんあります。
沖縄南部に属する部分は、自然が数多く残っており、海沿いのツーリングはまさに至福の時です。

沖縄中部には海中道路があり、両面海に囲まれた爽快なツーリングが楽しめます。
沖縄北部は、万座毛をはじめとする観光スポットが多数点在しており、ツーリングしながら観光を楽しめます。

安くてお得

あんまり遠出するつもりはないけれど、那覇市内くらいは自由に走りたいという方は50ccのスクータでも便利そうです。
お値段も二日間でも高いえな所であっても5000円でおつりが来ます。
安いからといって危ないわけでもなく、保険にもちゃんと加入出来ます。

50ccの場合、一ヶ月借りても13000円なんて破格のお店もあります。
出張で長期間沖縄にいるなんて方の利用もなかなか安くて便利そうです。

欲しいバイクはあるけれど買うのは出来ない方も、レンタルで憧れのバイクを借りるのも手です。
例えば、ハーレーダビットソンも借りれます。
のんびりとした沖縄では、都会ではちょっと走るのが怖い大型のバイクであっても余裕を持って走れそうですね。

これから欲しいと思っている車種を借りて、沖縄でのんびりツーリングで購入を検討するのもありですね。

走行中の熱中症にご注意を!

いつでも熱中症になるリスクがあります

近年の夏はとんでもない暑さで、外に出た瞬間刺すような暑さに驚きますよね!
炎天下の中、ちょっと歩いただけで熱中症にかかってしまったなんて声も聞きます。

バイクを運転中は、風にあたっているから熱中症にはかからないと思いこんでいる人も多いですがそれは間違いです。
特に運転中の服装には気をつけて走行しないと、熱中症はすぐに襲ってきます。
暑いからといって、Tシャツ等で走ってしまうと逆に熱中症にかかりやすいのです。

できれば真夏の炎天下の中をバイクで走るのを辞めたほうがいいくらいですが、バイクに乗らないといけない事情がある方もいるかと思います。
なんと言ってもまずは服装には必ず配慮するようにしましょう。
また、体調が少しでも優れない時にはバイクに乗ること事態を避けたほうが良いでしょう。

服装の対策としては、肌を出さないようにしてください。
直射日光が身体に当たると、身体の表面がとにかく熱くなってしまい、急激に体温が上昇します。
暑いと薄着をしますが、真夏の場合は直射日光が肌に当たらないようにしてください。
体感温度は暑いですが、長袖長ズボンのほうが安全です。

熱中症対策として、通気性が良く直射日光を避けられるライダースジャケットも販売しているそうです。
日常的に炎天下でバイクに乗らなくてはいけない方は、そのような服を購入するのも必須です。

またヘルメットも必ず被りますが、通気性の良いタイプも販売しているようです。
夏用の炎天下対策をしたヘルメットを購入されるのもおすすめです。

バイクに乗る前には水分補給をちゃんとしてから走行しましょう。
またこまめに休んで水分を取るのも重要となってきます。
更には、飲み物もなんでも良いわけではなく、一番良いのは水です。
スポーツドリンクに手を出しがちですが、糖分が多いのですぐにまた喉が乾いてしまうのです。
よって更にスポーツドリンクを飲み続けると血糖値がどんどん上がってしまうのです。

水はどこでも手に入りやすいドリンクです。
更にはそのまま身体にかけて身体を冷やせます。
水であれば多少ぬるくなってしまっても、まずさを感じずごくごく飲めます。
ぬるいスポーツドリンクは飲めたものではありません。

熱中症対策グッズ

対策グッズとしておすすめなのが、経口補水液です。
水でも良いのですが、こちらは暑さで失った塩分やミネラルが補給出来ます。

簡単な対策グッズとしては、汗拭きパッドです。
顔や身体等、身体の熱さを拭くだけで清涼感でさっと熱さが抑えられます。
ヘルメットの内装を拭くのもおすすめです。

コンビニや薬局でもあるようなので、バイク走行中にお店を見つけたら買うのも良いですね。

なんといっても、専用の冷感速乾タイプの長袖インナーが販売しているので、真夏のバイク走行には必ず着たほうが良いでしょう。