Category Archives: かわいく、かっこよく、そして美しく

憧れの車種にも気軽に乗れる!「ヤマハ バイクレンタル」

ヤマハバイクレンタルの特徴とは

バイク好きで、いろいろな車種に乗りたいと思っている皆様は、ヤマハバイクレンタルをご存知でしょうか。
私もいろいろな車種を試してみたいタイプなので、先日ヤマハバイクのレンタルを体験してみました!
皆様にその時のことをご紹介します。

ヤマハは全国各地でレンタルバイクを展開中なので、家の近くで実施しているかどうか確認しましょう♪
その特徴は簡単に利用できるところです。
スマホやPCサイトですぐに利用できます。
なので、私のようにスボラな人でもだいじょうぶです(笑)

使い方を解説しよう

では、使い方を解説しましょう!
予約の前にご自身の近くのお店でヤマハバイクもレンタルを行っているかどうか確認します。
確認できたら、ヤマハバイクレンタルのサイトにとんで、予約です。
その際は「ヤマハバイクレンタル」の無料会員登録をしますが、5分くらいでできる簡単な登録です♪

こういった登録を始め、レンタルまでは合計15分ほどでOKなので、普通にスマホでショッピングやラインなどをしている人ならば誰でもできます。
2回目以降でしたら、登録済みなのでもっと時間短縮ですべてが5分くらいでできるでしょう!

注意事項

ここで注意したいことがあります。
利用できるのは20歳以上なので、ご注意ください。
たとえば、大学1年で19歳という人や高校生は、いくらバイクの免許があっても利用不可ということです。
20歳になるまで、待ちましょうね!!

そして、レンタルした車両が使用できるのは一般公道のみです。
サーキット走行や河川敷での走行はNGになりますので、ご注意ください!!

インターネット予約は90日前から2日前の正午12時までが可能な時間です。
それ以降でしたら、お店に行って直接聞いてみてくださいね。
空いているバイクがあれば、レンタルできますよ♪

利用料金はどのようになっているか

では、利用料金についてご紹介します。
料金はレンタルする日にクレジットカードでの支払いになるのですよ。

クレジットカードはもちろん、本人名義のもの。
学生の人で自分名義の物がないという人は、この機会につくるのも良いかもしれません!
ただし、親御さんによく相談しましょう。

レンタル料金は以下のようになっています。
たとえば、950cc~ですと4時間で16,000円からで、750cc~ですと4時間で13,800円から、401cc~は4時間で11,600円からです。
そして、126ccは4時間で9,300円からで51cc~は4時間3,400円、50ccまでは4時間3,200円になります。

その他は免責オプションなどもあるので、レンタル希望のお店で問い合わせてみましょう!
因みに、私はMT-03の8時間の車両レンタル料金で税込10,300円でした。
これに免責オプションの税込3,000円も付けたので、合計で税込13,300円♪
乗ってみたかった車種なので、うんと楽しみましたよ。

収納力も機能性もバッチリ!「56design」のリュックで快適ツーリング

リュックの特徴をお伝えしたい!

私はバイクに乗る際は、いつもリュック♪
「肩は大丈夫なの?」といって心配してくれる人はいますが、私はバイク以外でも普段はリュックを愛用しているので、もう慣れてしまったのかもしれませんね。
特に肩に負担は感じないです。
何といっても、荷物を両手に持つよりも、両手が空くので楽!!

そんな私のお気に入りの「56design」のリュックをご紹介します♪
何と言ってもポケットが多いところが気に入っているのですよ。
ポケットが多いと使いやすいです。

もちろん、左右のポケットはフル活用♪
小さめのリップや香水を入れられますし、小腹がすいたときに頂けるアメやグミ、ガムを入れておけるのも腹減り対策になって助かります。

そして、背負うところの黒い部分にはノートパソコンやダブレットも入るのですよ♪
何と、冬にはカイロを入れておくという人もいるよう。

実は私は極端な寒がりです!
こうやってリュックを背中に背負っていると暖かいので、冬の寒さをしのげますよ。
そのためにリュック好きになった私なので、このカイロ情報は見逃せないもの。
きっと背中がポカポカになるし、気になる腰も冷えないでしょう。

バイクに乗っているときは、腰のところでしっかりとリュックのベルトをとめます。
こうすれば、乗っているときの揺れが少なく感じますし、軽いようにも感じるので♪
実は私はよくリュックの中にお弁当をいれているので、このようにしっかりと腰に括り付けておかないとお弁当の中身が動いてしまうのが心配になります・・・。
それに、しっかりと括り付けておけば運転もしやすい!

おすすめポイントは安全なロゴ

おすすめのポイントはロゴです♪
実はただのロゴではありません。
何と、反射プリントになっているので、安全性が高いのです。
可愛いだけでないのがすばらしいところではないでしょうか!!

特に夜間に走るときに良いでしょう。
このリュックは反射プリントがあるので、夜間でも目立ちます♪

合わせやすいカラーもお気に入り

カラーも気に入っているのです!!
カラーはお好みもあるかもしれませんが、赤と黒で合わせやすいでしょう。
それに、私はヘルメットも赤と黒で色を合わせていますよ。
こんなところは女性らしくおしゃれにしたいものですね。

たくさん入るのですが、そんなに型くずれもせずにおしゃれなフォルムを保ってくれるのもうれしいところ!
背負ったまま乗っているので、後ろから見た感じもロゴが目立って可愛い雰囲気♪

赤の他にも青い色の物もあります!
私は赤が好きですが、青が好きという人は青いものもかわいいでしょう。
余計なお世話ですが、バイク好きの彼がいるという人はカップルで色違いというのも素敵です♪
詳細は56designのオンラインショップなどでご確認くださいね。

「LS2」のカーボンシステムヘルメットは軽くて疲れにくいのに安全性も高いとか!

LS2のカーボン製システムヘルメットの特長をご紹介

私が気に入っているLS32のカーボン製システムヘルメットをご紹介します!
その名はLS2 HELMET「VORTEXS(ボルテックス)」。
新設計で安全なヘルメットだし、インナーバイザーも搭載され、防曇性能があるピンロックシートもついていますよ。

カーボンは軽くて丈夫ということで有名ですね。
でも、この新型ヘルメットは繊維そのものが綺麗に均等になっています。
なので、万が一の転倒などがあたっときに衝撃が分散されるのです♪

つまり、より強固に頭を守ってくれるというわけ。
ありがたいことです!!

でも、それだけではないです。
中にはクッションがぎっしり!
ソフトで優しく頭にフィットします。
さらに、重心がきちんと中央部になるようにつくられているので、かぶると見かけよりも軽い感じですね♪

内装はボルドーカラーなのがおしゃれなところで、私のお気に入りです。
まるでベルベットを敷いたようになっています。
このように、こだわりが細かいところまでぎっしりあるので、女子としてはうれしいでしょう!

安全性について

フルフェイスと異なり、あごの部分が外れた形になっているので、安全性については心配という人もいるようですが、ご安心くださいね!
衝撃には、かなり強いのです。
というのも、ロック部分が金属でできていますし、ロックされて両方が接合で外れないように、ロックが動く部分にも強力なワイヤーが使われていますから。

それに、日焼けにも強いのです♪
UVカット率94%のシールドになっています。
その他に、うれしいことにシールドクリーナーでダメになることもありません。
どんなメンテナンスでも大丈夫なのもうれしいところでしょう!

また、インバイザーもあるので、快適なツーリングができますね。
ツーリング好きな人にはおすすめですよ。

おすすめポイントは?

おすすめのポイントはヘルメットをかぶっていながらも、顔をだせるところです。
フルフェイスだと、ガソリンスタンドでの給油の時など、油種や支払方法を伝える時に結構大きな声で話さないといけません。
私はそれが苦手なんです・・。

その点、このヘルメットだとすぐに外せるので、顔を見ながら話せます。
怒鳴らなく手済むのはありがたいのです。
それから、ツーリングの時に地図を見たいから停車したり、スマホの操作のために停車したりするときも、ヘルメットをつけたままでよいので楽♪

それから、信号待ちの間にヘルメット内の熱をとるのも簡単ですし、女性にオス勧めしたいのがメイクの落ち方がちがうところ。
これは、女性にとって大事なことですよね♪

そして、いつでも快適でいるためにチークパットを洗うのも楽です。
らくに外せるのも助かります。
このような理由で、女性におすすめしたいヘルメットなのです!