いろは坂にツーリング

魅力的な峠道

関東エツーリングを楽しむ人にとって一度は訪れたいと思わせるのが、いろは坂のツーリングです。
栃木の日光にある峠で、多くのドライバーがツーリングを楽しんでいる場所の一つです。

日光も観光スポットとして年間多くの観光客が訪れます。
そのため日本人から外国人まで幅広い人とで会うことができる場所でもあります。
観光地としていろは坂近辺には、世界遺産に登録された日光東照宮をはじめとして、華厳の滝や中禅寺湖などつい立ち寄りたくなってしまうほど魅力的な場所がたくさんあります。

そんな日光には、党内からでは東北自動車道を利用して向かいます。
東北自動車道は比較的にはしやすく、交通量が多いため渋滞も多い場所になります。
西那須野塩原ICまで東北自動車道で移動します。
その間、蓮沼サービスエリアや都賀西方パーキングエリアなどで休憩を挟みながら進行するのがおすすめです。

そしてインター降りてからは道の駅などで地元の名産物を味わいながら、休憩やルート確認をしながら進んでいきましょう。

いろは坂までには日塩もみじラインがあり、有料道路で400円かかります。
路面は地震や除雪痕などによってくぼみ等ができているためあまりいい状態とは言えません。
途中で牧場やペンションなど風景を楽しみながら走行するのがおすすめです。

そしてもう一つ霧峯高原道路では、勾配とバンクがあり、思ったよりもきついと感じるコーナーもたくさんあります。
常にミラーを確認しながら走行する必要はありませ宇が、二輪車にとっては楽しむことができるコースです。

登り道を楽しみながら帰りは気を付けて

いろは坂は日光方面からツーリングで進んでいくと、第二いろは坂が上りになります。
登りは2斜線となり比較的新しいため走りやすいです。
徐々に上っていくと酸素が薄くなるのがわかり、思った以上に標高が高いことに驚きます。
遅い車は道を譲ってくれるため、自分のペースで走りやすくあっという間に登り切ってしまいます。

これに対して下り坂は1.5斜線の第一いろは坂です。
道が狭いため大型車を追い越すときなどは十分な注意が必要です。
注意しながら走行する必要がありますが、楽しんでいる間にあっという間に下りきってしあいます。
場合によってはフラストレーションがたまる道かもしれませんが、無理な運転はしないように気を付けましょう。

おすすめの時期は

日光は秋になると紅葉狩りで観光客が一気に増えます。
また夏休みや大型連休になるとどうしても観光客が集中しやすい場所でもあります。
そのためなるべく観光客が多い時期は避ける方がツーリングを楽しむことができるでしょう。

そして寒い時期になると凍結などの心配もあり、凍結防止のために砂などがまかれていることもあるため走行に注意が必要です。
おすすめの時期としては春から夏にかけてですが、また交通渋滞が避けやすい早朝からツーリングを行うことがおすすめです。