スカイツリーを見に行った

日曜日に友達と二人で東京スカイツリーを見に行きました。
街の真ん中なので、公共交通機関を利用していく人の方が多いようですが、私たちはバイクで行きました。

バイク用の駐輪場も完備していて結構安くでとめられます。
利用時間は7:30~23:00までですから、時間的な不自由はありません。
入庫は22:00までになっていますが、ナイトランニングをしてスカイツリーに寄るにしても22:00までなら十分です。

2時間まで無料で、そのあとは1時間ごとに大型二輪で200円、原付なら100円です。
なので、見物をしてお茶を飲んで4時間たっても200円と思えばとてもお安い設定です。、
スペースは小型と大型に分かれていて、小型用で幅W700×L1900 、大型用でW1000×L2400、小型用は原付でちょうどぐらいです。

大型バイクでいかつい系ならひょっとしてサイズオーバーしてしまうかもしれません。
そんな時には、駐車場を使うことになります。
駐車料金も車並みになって、30分毎に350円です。
要するに、大きな車で乗り付けるのはできるだけやめたほうがいいということです。

駐輪場は入るのも料金精算も簡単なのでけっこう気に入りました。
電子マネーOKなのでこれも気楽なところです。

スカイツリー周辺をぶらぶら歩いてもいいと思ったら少し離れたところにスーパーやショッピングモールがあるので、そちらの駐車場もあります。
こちらの料金設定は、3時間無料、4時間無料、まったく無料、お買い物金額によっては無料になったりして、食事などをすれば駐車場は無料でいけます。
まあ、スカイツリーの駐輪場料金ではそこまで考えることもないようですが。
混んでいるときには、こういうことも知っておいたほうがいいのかなと思います。
気を付けたいのは盗難です。
人気車種でカスタマイズばっちりの人目を惹くバイクの場合には、防犯カメラがしっかり設置されている駐輪場にするべきです。

ライトアップ

時間があったので、隅田川水族館も行ってきました。
水族館なんてもう何年ぶりかわからないぐらいなので結構楽しめました。
実は、ライトアップを見たかったので、夜まで居たかったのです。

午後7時までに夕食を済ませてライトアップを見ました。
ライトアップは、色も時間も日によって違います。
ライトアップを見たいなら、午前中は浅草などの観光地を回って午後からスカイツリーに入場したほうがスケジュールとしてはスムーズです。

じゃあ、午後から行けばいいじゃないかと思うでしょうが、ここが天下のスカイツリーのすごいところで、混んでいるときには入場券を買うための整理券が配られます。
整理券に書かれている時間に入場券購入できないときには、残念ながらその日は入場できなくなってしまいます。
整理券入手するためには、午前の早い時間に一度スカイツリーに行かなければなりません。
その時に待ち時間が十分あることを確かめた上で、他の観光をします。待ち時間があまりない時には、お茶で実感をつぶすしかないんです。
ちょっと、我慢も必要なスカイツリー見物なのです。