雨対策は万全に

雨の日対策グッズの紹介

今日はツーリング日和だと思っていても、行き先で急に天候が怪しくなってくるということも想定しなくてはいけません。

特にツーリングしたくなる梅雨の時期は、どのように天候が変化するかわからない部分もあります。
少しでも天気が怪しいかもしれないと思ったときには必ず雨の日対策グッツを準備しましょう。
山の天気はいつどのように変わるかわかりません。
山を登り切った先で雨が降っていることもたくさんあります。

まず必ず準備しなくてはいけないものがレインコートです。
雨が直接当たらないようにカバーする役割があるため必須アイテムです。
ただしレインコートではどうしてもカバーしきれない部分があります。
それが足です。

体全体は守ることができても足が濡れてしまうと足先から冷えてしまい。体全体の冷えにもつながります。
そのためブーツカバーも用意しておきましょう。
土足の靴を使用するため一番汚れやすくなっています。
100円ショップなどで販売しているものであれば使い捨てにしてももったいないとかんじることもないでしょう。

この二つだけは必ず雨の日対策として準備をしておくようにしましょう。

雨が降ってきたらまず行うこと

まず雨が降ってきたと感じた場合はすぐに停車できる場所を探しましょう。
雨に濡れてしまうとせっかく持ってきたレインコートを着ても意味がなくなってしまいます。

服が濡れてしまうと肌に付着して、より寒さを強めてしまいます。
なるべく雨が降ってきたらすぐに着用する、もしくは怪しいと思ったら早めに装着することがおすすめです。

そして雨宿りする場所を確保しましょう。
自分だけでなくバイクもしっかり濡れないような場所を見つけましょう。
サービスエリアなどでは屋根の付いたバイク置き場があるため、そう言った場所を休憩場所としてどの辺にあるのが事前に調べておくといいでしょう。

そして天気予報を確認しながら今後の天気の様子を確認しながらどのような計画にするのか考えておきましょう。

やってはいけないこと

ツーリング中残念ながら雨になってしまった場合、必ずやってはいけないことがあります。
それは無理に走行するということは避けるということです。
雨の日の走行は視界が悪く体温も奪ってしまいます。
さらにはスリップもしやすく点灯する危険性も高まります。

雨が強いときは無理をせず、しっかりと休息をとるようにしましょう。
体が冷えなうようにしっかりと温められるように温泉に入るもしくは室内で温かくいられる場所で体を休めるようにしましょう。
もし着替えなどを持っている場合は、なるべく着替えて風邪をひかないように気を付けましょう。

遠方のツーリングの場合は、宿泊施設などを予約している場合もあります。
そのため夜になって無理をして走行しようとしてしまう人もいます。
夜はなおさら視界も悪くなり、気温も差がっているため運転をするのは避けましょう。