ツーリングで温泉旅

老若男女ともに多いのが温泉ツーリングを趣味にする人です。
温泉は足腰の疲れや筋肉痛に効果があるところが多いのでツーリングには持って来いのテーマです。

温泉は日本全国にあります。
海沿いの町、島、山の中の町、市街地など温泉が全くないところはまずありません。
日帰りで温泉に入って旅館の懐石料理を食べて帰る日帰りツアーもいいものです。

日帰り温泉プラン

大阪や神戸からなら有馬温泉がいいコースになります。
東京や横浜からなら箱根になるのでしょうか?
ともに山道を上るコースになります。

宿泊プラン

2泊3日で別の温泉に入るツーリングも温泉地が多い地域にツーリングすれば可能です。
例えば、山陰の皆生温泉と玉造温泉などはちょうどいいコースで、付近には出雲大社などの観光地が目白押しです。

秘境温泉

また、車ではいけないような場所にある温泉もバイクならいけます。
いわゆる秘湯の中には、バスもないところも珍しくありませんがバイクなら行って行けない場所はほとんどありません。
ライダー好みのワインディングロードを通ってたどり着く山の温泉宿はかなり魅力のあるコースになりそうです。

海沿いグルメプラン

だからと言って温泉は山だけのものではありません。
海沿いの温泉には素晴らしいところがあります。
そういう地域に泊まると温泉と海の幸がワンセットになったプランが企画されています。

連泊プラン

一軒の温泉宿に2泊ぐらい連泊して、その周辺に毎日観光に出かけるのもお勧めです。
連泊なら荷物の整理に追われることなく、毎日のんびりと興味のある観光地へ出かけることができます。

温泉ツーリングの注意点

温泉地には、多かれ少なかれその地の名産品の料理があります
温泉ツーリングにでかけると、たいていグルメツーリングにもなってしまいます。
気持ちのいい温泉で、ツーリングの疲れを癒しておいしいものを食べるなんて最高の贅沢です。

温泉ツーリングは女性ライダーにもファンが多く、バイクの専門誌などではしょっちゅうメンバーを募集しています。
気楽にささっと参加して友達を作っておくと、自分たちでツーリング計画を立てるときに誘うこともできるし、情報を教えてもらうこともできます。

温泉ツーリングは一人でも楽しめますが、できることなら2,3人のほうが安心です。
昨今はあまり聞かなくなりましたが、気風の古い旅館では女性一人の宿泊はあまり歓迎されません。
一部屋に一人で宿泊されると旅館はもうからないらしいです。

実際日帰りなら、一人もいいかもしれませんが何泊かするとなったら、やはり友達がいたほうが楽しいですよね。
どこへ行こうか、明日は雨か、などいくらツーリングに慣れているといっても迷うことはあります。
こんな時には相談しあえる仲間がいたほうが安心ですよね。