走行中の熱中症にご注意を!

いつでも熱中症になるリスクがあります

近年の夏はとんでもない暑さで、外に出た瞬間刺すような暑さに驚きますよね!
炎天下の中、ちょっと歩いただけで熱中症にかかってしまったなんて声も聞きます。

バイクを運転中は、風にあたっているから熱中症にはかからないと思いこんでいる人も多いですがそれは間違いです。
特に運転中の服装には気をつけて走行しないと、熱中症はすぐに襲ってきます。
暑いからといって、Tシャツ等で走ってしまうと逆に熱中症にかかりやすいのです。

できれば真夏の炎天下の中をバイクで走るのを辞めたほうがいいくらいですが、バイクに乗らないといけない事情がある方もいるかと思います。
なんと言ってもまずは服装には必ず配慮するようにしましょう。
また、体調が少しでも優れない時にはバイクに乗ること事態を避けたほうが良いでしょう。

服装の対策としては、肌を出さないようにしてください。
直射日光が身体に当たると、身体の表面がとにかく熱くなってしまい、急激に体温が上昇します。
暑いと薄着をしますが、真夏の場合は直射日光が肌に当たらないようにしてください。
体感温度は暑いですが、長袖長ズボンのほうが安全です。

熱中症対策として、通気性が良く直射日光を避けられるライダースジャケットも販売しているそうです。
日常的に炎天下でバイクに乗らなくてはいけない方は、そのような服を購入するのも必須です。

またヘルメットも必ず被りますが、通気性の良いタイプも販売しているようです。
夏用の炎天下対策をしたヘルメットを購入されるのもおすすめです。

バイクに乗る前には水分補給をちゃんとしてから走行しましょう。
またこまめに休んで水分を取るのも重要となってきます。
更には、飲み物もなんでも良いわけではなく、一番良いのは水です。
スポーツドリンクに手を出しがちですが、糖分が多いのですぐにまた喉が乾いてしまうのです。
よって更にスポーツドリンクを飲み続けると血糖値がどんどん上がってしまうのです。

水はどこでも手に入りやすいドリンクです。
更にはそのまま身体にかけて身体を冷やせます。
水であれば多少ぬるくなってしまっても、まずさを感じずごくごく飲めます。
ぬるいスポーツドリンクは飲めたものではありません。

熱中症対策グッズ

対策グッズとしておすすめなのが、経口補水液です。
水でも良いのですが、こちらは暑さで失った塩分やミネラルが補給出来ます。

簡単な対策グッズとしては、汗拭きパッドです。
顔や身体等、身体の熱さを拭くだけで清涼感でさっと熱さが抑えられます。
ヘルメットの内装を拭くのもおすすめです。

コンビニや薬局でもあるようなので、バイク走行中にお店を見つけたら買うのも良いですね。

なんといっても、専用の冷感速乾タイプの長袖インナーが販売しているので、真夏のバイク走行には必ず着たほうが良いでしょう。