ツーリングに持って行きたいオススメのモバイルバッテリー

ツーリングの時に欠かせない、モバイルバッテリー

ツーリングをするときに、ケータイのカーナビを使ったり、音楽を流したり、ケータイを結構使ってるので、びっくりするほどすぐに充電がつきます。
意外とそういうライダーさんって少なく無いみたいで、この前、帰り道でケータイの充電が切れて、ナビが使えず迷子になったという方にもお会いしました。

明日は我が身、そうならないためにも、やっぱりモバイルバッテリーって重要ですね!
というわけで、ツーリングの時にどんなモバイルバッテリーが良いか、色々とおすすめをお教えします!

持ち運びと機能性を重視するなら、Anker PowerCore Fusion 5000

ツーリングの時には出来るだけ荷物にならないように、モバイルバッテリーも小型にしたいものです。

そんな願いを叶えてくれるのが、Anker PowerCore Fusion 5000!
このモバイルバッテリー、コンセントに直差しが出来て余計なコードがいらないのも嬉しいポイントで、本当に小型なので、どこに入れても邪魔にならずに使えます。

フル充電も3回分出来るので、ケータイをどんどん使っても問題なし!
持ち運びと機能性のバランスが良い、個人的には一押しのモバイルバッテリーです。

とにかくたくさん充電したいなら、Anker PowerCore 20100

ロングツーリングの時や、ケータイがすぐに充電が切れてしまうと言う方におすすめなのが、Anker PowerCore 20100です。
二の腕みたいな大きさをしてますけど、その分めちゃめちゃ充電が出来て、フル充電なんと7回も出来る程の、大容量モバイルバッテリーになります。

これだけ充電出来れば、大体の場面でもう大丈夫でしょう!
しかも充電スピードも速くて、あっと言う間に充電してくれるので、充電何回もしたいという方にはこちらがおすすめ。

大きいモバイルバッテリーなのに、お値段も3500円前後で買えるのが驚きのポイント。

バイクから直接充電よりもモバイルバッテリーのがおすすめ

個人的見解ですが、バイクのバッテリーから直接繋いで充電するよりも、モバイルバッテリーを持っていって充電した方が、ケータイが痛みにくいと思います。
エンジンをオンオフしたりして充電しないといけないので、それがケータイには良くないと思うんですよね。

ケータイの種類によっても違うと思いますけど、そもそもあんまりそう言う目的でバイクのバッテリーが作られていないから、個人的にはあまり好きじゃ無いです。

そこまでバッテリーのサイズも大きくないですし、すぐにフル充電出来ますし、モバイルバッテリーの方が一石二鳥!
ネットでも手軽に購入できるので、自分に合っているモバイルバッテリーを選んで、素敵なツーリングライフを送りましょう!

って、人に紹介したばかりで、私もまだ買ってなかった。
私もこれから買います!