千葉ツーリングの下調べ

鹿野山をツーリング

千葉県は都心からも近く、神奈川県の久里浜港からフェリーを利用すると40分で千葉県の南房総の近くまで行くことができます。
金谷港からは様々なルートで千葉県のツーリングを楽しむことができます。
ここだけは押さえておきたいというツーリング箇所を3つお勧めします。

最初に抑えておきたい場所は鹿野山へのツーリングです。
鹿野山は千葉県の中でも3番目に高い山で、千葉の峠といえばここというほど有名な場所の一つです。
どこに行こうか迷っているという人は、ぜひ一度は訪れたいツーリングルートです。

鹿野山までの道のりは93号線をひたすら走り、国道465号線との分かれ道を鹿野山方面へ93号線に向かって走行していきます。
93号線はマザー牧場に向かう道になっているため、どうしても渋滞しやすくなってしまうのが特徴です。

道幅は広く、大型の車ともすれ違いがしやすい環境なので、初めての人でも走行しやすいコースになっています。
途中にあるマザー牧場からはとてもきれいな景観を見ることができ、ツーリングにはとても適しています。

鹿野山までは少しアップダウンが激しいところもありスピードに注意が必要な場所もあります。
そこでは千葉百景にも選ばれている九十九谷展望台では四季折々の風景を楽しむことができます。

安房グリーンラインを楽しむ

安房グリーンラインは296号線を和田方面に向かっていると安房グリーンラインとぶつかります。
そこに入るとしばらくは見晴らしがいい直線を走ることになります。
その後稲交差点から房総フラワーラインと交わる交差点までの間、ワインディングを楽しみながら走行することができます。
視界は良好で路面も走りやすいためツーリングにはとてもおすすめです。

ただし一つだけ注意点としては安房グリーンランドに入ってしまうと、十分な休憩が出来る施設がほとんどありません。
そのためツーリングに集中して走行することができる反面、事前にしっかり休憩をとっておく必要があります。

休憩におすすめなのは、鄙の里という道の駅です。
無料の足湯があり疲れた体を少し休ませてあげることも出来ます。
また道の駅で売っているビンゴバーガーは和牛100%で地元の野菜をふんだんに活用している大きめのバーガーです。
これを食べるために訪れるライダーもいるほど評判です。

銚子ドーバーラインの良さ

最後に海を感じながらツーリングを楽しみたいという人には、銚子ドーバーラインのツーリングがおすすめです。

ツーリングというと峠を越えていくことをイメージする人が多いですが、自然の海の匂いを感じながらツーリングするのもバイクの醍醐味です。
地球が丸く見える丘展望館から犬吠埼灯台までの間は道幅が狭くて少し走行しにくいですが、それ以外はとても走りやすい道のりになっています。