キャンプツーリングの準備

キャンプツーリングでの装備

ツーリングの楽しみの一つとして、自然の空気を感じながらアウトドアも楽しむことができるということです。
自然豊かな場所へ移動し、その場でキャンプをして楽しむことも出来ます。
慣れた人であれば思いつくままに走行をして、キャンプができそうな場所を見つけてテントを張って一晩を過ごすことも出来ます。

しかし初めてのキャンプツーリングでは何をどうそろえたらいいのかわからないこともたくさんあるでしょう。
そこで初心者でも安心してキャンプツーリングするために何を準備したらいいでしょう。

まず初心者の場合はなるべく近くで一泊から始めることがおすすめです。
急に何かのトラブルがあってもすぐに帰宅することも可能です。
最初から無理なく行うようにしましょう。

そしてかならず天気予報をしっかり確認して適切なウエアを選びましょう。
雨は視界を悪くさせ、体温を奪い体調を悪くさせてしまう可能性があります。

さらに雨粒は体に当たると痛みを感じます。
高速道路を走行した場合は、雨粒が凶器に代わります。
そのため天気に関係なくライディングジャケットを着るもしくは準備しておきましょう。

バイクのチェック

キャンプツーリングの場合、走行距離が長く郊外に足を運ぶことが多いです。
そのため旅先でバイクによるトラブルなどが発生すると、どのような対応をすることができるのか限られてきます。
同じにもメンバーに迷惑をかけないためにも事前にバイクのチェックを怠らないようにしましょう。

タイヤやバッテリーのチェック、エンジンオイルの残量など事前にしっかり確認しておきましょう。

万が一突然のトラブルで、自分たちでは対応できないと判断した場合は、ロードサービスを活用しなくてはいけません。
加入している人は連絡先の確認とまだの人はこれを機に加入しておくといいでしょう。

おすすめ収納

キャンプツーリングで一番の必需品といえばテントではないでしょうか。
自分の寝床として一晩過ごす大事な場所になります。
だからと言って快適さを求めて大きいものにしてしまうと荷物が大きくなり他の荷物が入らなくなってしまいます。

テントの大きさは2人用ぐらいのものにして、折りたたんだ時に最もコンパクトになるものを選びましょう。

夜必要になるのがライトです。
ガス式のものが人気ですが、ガラスを使用しているため走行中に割れやすくなってしまいます。
そのため折りたたむことができるLEDライトがおすすめです。

最後にねるときに必要な寝袋です。
どのような環境でも使用で着るようなものを選ぶようにしましょう
そして折りたたんだ時のサイズも小さく、丸洗いができる物であれば安心して使用することができます。