地球の丸く見える丘展望館へ行ってみた

なかなか見れない360度の絶景

千葉県の銚子といえば関東最東端の町で、犬吠埼灯台が有名です。

犬吠埼の灯台からの景色も抜群ですが、地球の丸く見える丘展望館もおすすめです。
灯台よりも高い丘にあり、展望台からは360度の景色が眺められるので、パノラマ写真も撮れます。

実はバイクで向かうには、いくつかのルートがあるんです。
ひとつは、東関東道の佐原・香取インターチェンジかR356にて銚子へ向かうルート。
2つめは、同じく東関東道のの潮来インターチェンジからR124で銚子まで。
3パターン目は、千葉東金道路の松尾横芝インターチェンジを経由し横芝光インターチェンジよりR126にて銚子に入るルートです。

地球の丸く見える丘展望館へ行くなら、県道254号線を目指しましょう!
254号線は海岸線は犬吠崎をはじめとする、銚子港や外川漁港、屏風ヶ浦といった銚子の有名どころの観光地を巡る一般道となっています。
地球の丸く見える丘展望館も254号線沿いとなっており、看板が出てきますので目印としてください。

こちらの道路はすれ違いが困難なほど道路が狭くなったり、アップダウンが激しい箇所があります。
しかしながら太平洋を臨める場所もあり、走っていると楽しいのではないでしょうか。

360度の景色

小高い丘の上にある地球の丸く見える丘展望館は、館内に入るには入館料が必要です。
入館しなくても充分な景色を眺められますが、せっかくなので入館をすることをおすすめします。
大人380円、小中学生は200円です。

施設の展望スペースは、銚子の中での丘の頂上にあたる部分にあるので、周囲には高い建物が何もありません。
屋上まで登れば、360度の絶景が見れ、眺望は最高です。
展望台からは犬吠埼灯台を見下ろす感じで眺められ、太平洋と水平線が一望きます。

この展望台からの眺めはまさに地球の丸さが実感できるものになっているんです。
日の出や夕日を目当てに訪れる方も数多くおり、特に夕日が沈む瞬間は最高のロケーションです!

晴れている日であれば、富士山や筑波山を眺められます。
360度の景色を眺められる場所はなかなかないので、必ず満足できる場所と言えます。
九十九里浜や三浦半島、関東平野の展望を存分に満喫出来ます。
冬場は空気が澄んでいるので、冬に行かれるのをおすすめします。

この当たりには水力発電が多く、展望台からは数多くの風車を望めます。
風力発電を見たい方はこの施設で見るのがおすすめです。
地上に設置されているだけでなく、海に浮かぶ水力初発電が見れるんです。

地球の丸く見える丘展望館は丘の上、愛宕山の頂上に設置されていることから、上まで登るのが大変と言われています。
駐車場からも距離があり、年配の方には少々大変ではありますが、展望は最高なので頑張って上がってみてください。