いざ富士山へ!

富士山を見に、バイクで山梨まで行ってきました!
富士山を見るためにバイクでツーリングをするというのは密かな夢だったので、当日はすっごいウキウキ気分でした。
と言っても前日眠れないなんてことはなく、ぐっすり快眠でした。
翌日事故とか起こさないためにも、ちゃんと睡眠を取ることは大切なのです。

当日は道志道を走って富士山を目指しました。
道志道は国道413号線のことで、道志というところにあるので道志道って呼ばれています。
観光地ってこともあるのかすっごい走りやすくて感動しました。
何より信号がまったくないことです。
信号が頻繁にあると都度都度止まらないと行けないから大変なんですよね。
でも信号がなかったお陰もあってすごい快適なツーリングを楽しむことができました。
信号がないってこんなに快適なんだなーって改めて思いましたね。

そこ道志道沿いにある道の駅「どうし」って言うのがあるのですが、せっかくなのでそこにも寄ってきました。
ここもやっぱり観光地だからか、広い道の駅でここだけでしばらく楽しめそうな感じもしました。
私が行ったときは時期が違ってやっていなかったのですが、どうやらこの道の駅で「いのしか祭り」ってのをやっているみたいですね。
猪の肉と鹿の肉を使った料理を販売したり振る舞ったりするイベントみたいです。
猪とか鹿とか、全然食べたことない私には未知の世界です!
どうやら開催は秋みたいなので、今度は秋を狙ってまたツーリングに訪れたいと思います。

そして何より良かったのは、ツーリングの醍醐味「郷土料理」ですね。
山梨県の郷土料理は「ほうとう」です。
それっぽいものは今までも食べたことがあったのですが、本格的なものはその日初めて食べました。
大きな鉄鍋で出てきて、自分でよそって食べるタイプのお店でした。
鍋から自分で好きに取れるっていうのがそれっぽくていいですよね~。
なんだかんだいいながら一人で鍋1つ分全部食べちゃうんですけど(笑)
ほうとうってこんなに美味しいんだなーって感動しちゃいました。
なんだかツーリングに行くと感動しっぱなしな気がします(笑)

今回は暴走族みたいな怖い出来事に巻き込まれることもなく、最初から最期まで楽しいツーリングでした。
なんでも観光地だからって理由を勝手につけてますが、それで暴走族もいなかったのかな?とか思います。
普通夏場が一番暴走族が活発な時期なのに、それがいないのってやっぱり観光地としてそういう人達を排除する動きが活発だからなのかな?

普通に生活していてうるさいっていうのはもちろんだけど、ツーリングをする側としても、ぜひとも暴走族は撲滅して欲しいなって思ってます。