Category Archives: 防犯対策

地球ロック!

地球に取り付けるタイプのアンカーロック

バイクの防犯用品はたくさんありますが、よくあるワイヤーロックやU字ロックでは完全に対策をしたことにはなりません。

なぜならそうしたロック系の鍵は電動ノコギリや油圧ジャッキなどちょっと専門的な工具があればあっという間に破壊をすることができてしまうためです。

これなら大丈夫だろうと、キーによるハンドルロックにくわえてチェーンをつけて出かけたところ、あっという間に盗まれていってしまったというような事例は非常にたくさんあり今やライダーにとっての防犯対策としては初歩の初歩とくくらいの扱いになっています。

その点バイクを持っている人が自宅に1つ用意しておきたい効果的な防犯対策製品といわれているのが、通称「地球ロック」といわれる地面に直接バイクをつなげてしまうというロック形式です。

地球ロックとは、コンクリートに埋め込むようにしてアンカーをつけることで、簡単に切断できないような頑丈なチェーンと地面とをつないで持ち運べないようにしてしまうことをいいます。

ガード柵やポールなどに比べてかなり設置場所が安定するので、持ち家の人なら一か所作っておくことを強くおすすめします。

地球ロックを設置するには

地球ロックをするためには、まずは地面に深く埋め込むための作業が必要になります。
一般的な地球ロックでは、コンクリートの土台の深くにアンカーを入れて固めることで人力では到底抜けないような設置場所をつけていきます。

左官屋さんなどにお願いをすると、工事費込でだいたい4万円くらいがかかるといわれています。

アンカーそのものはホームセンターなどで比較的簡単に見つけることができるので、左官工事の経験があったりDIYに慣れているという人なら自分で設置をしてみるのもよいでしょう。

最近ではバイク専用の置き場があるマンションや賃貸住宅では、設置場所に1台1ヶ所の地球ロックをつけられるようにしているところもあるようです。

地球ロックをつけられない場合には

安全な地球ロックですが、大掛かりな工事が必要になることから自分で好き勝手に作ることはできません。
駐車場のスペースが十分でなかったり、勝手な改造が許されない賃貸住宅においてはそもそも設置をすることができず、従って地球ロックによる盗難対策をとっていくことができません。

そこで地球ロックの代用として、一斗缶ほどの大きさの缶の中にぎっしりとコンクリートを詰めたような重りが売っていたりします。
そうした重石などは地球ロックにはわずかに劣るもののバイクの盗難対策としてはかなりの威力を発揮するので、ロックのない住宅で1つ購入しておくのがよいでしょう。

GPSで居場所を確認

バイク盗難の秘密兵器

バイクは自動車に比べて持ち運びが楽で、ちょっとしたピックアップトラックがあればすぐに持ち去りをされてしまう危険な乗り物です。

もし自分のバイクが盗難にあってしまったとわかったら、まず最初にするべきことは警察への通報です。

ですがそうした警察への通報をしたからといって、必ず盗まれたバイクが戻ってくるとは限りません。
むしろ盗まれたと発覚してから時間がたつほど、元通りに戻ってくる可能性はかなり低くなっていってしまいます。
最近では盗んだバイクは手早く解体工場で部品化され、海外に輸出されてそこで再び組み立てられるという手の込んだ方法がとられるようになっているので、盗まれてから数時間~1日くらいまでの時間の追跡が元通りに手元に戻ってくるかの重要な境界線になってきます。

そこで自衛のためにつける人が増えているのが、セキュリティ会社と連携したGPS機器です。

GPSは宇宙に打ち上げられた衛星からの信号をもとに位置情報を検索するシステムですが、最近では携帯電話にもふつうに搭載されるほど手軽に使用できるようになっています。

そこであらかじめバイクにGPS機を積んでおくことにより、もし盗まれても素早く場所を把握し犯人たちを追跡できるようになっています。

セコムのGPS「ココセコム」

バイクの盗難に備えるGPSシステムの中でも、特に多くのユーザーから選ばれているのがセキュリティ会社として知られるセコムが提供する「ココセコム」というサービスです。

ココセコムは小型のGPS機能を持った機器を持ち歩いたり設置したりすることにより、その対象となる人やモノがどこにいるか24時間体制で見守ることができるようになっています。

バイクや自動車への盗難防止の他にも、大切な荷物と一緒にカバンの中に忍ばせておいたり、子供や高齢者、女性などの安全を守るために手元に置いたりといった使い方をすることができるようになっています。

ココセコムに加入していると、その専用機器をつけたバイクを携帯電話やパソコンを通じてすぐに確認をすることができるようになります。

GPS機能もかなり高精度となっており、条件がよい場合には5~10メートル以内で対象となるバイクなどを発見することができるようになっています。

GPS機器には二種類があります

便利なGPS機器ですが、「ココセコム」の他にも類似のサービスはいくつか提供されています。

利用のための月額料金などはその企業によって違うのですが、細かくサービスをみていくとそのGPS機能を維持するための機器には二種類があることに気が付きます。

1つはGPS機器が単独で使用できるようになっていて、定期的に充電をしなくてはならないというものです。
もう一つはバイクや自動車などとりつける機器のバッテリーから電源ととることで、細かく充電をしなくても追跡ができるようになっているものです。

バッテリー流用式の方が管理は楽なのですが、実際の盗難においては途中で取り付けが発覚することもあり、できれば充電式のものを選ぶほうが無難といわれています。

盗難車の情報共有サイト

ネットを通じた情報収集

窃盗団たちは全国規模で犯罪をするということもよくありますが、一定期間内はどこかの地域にとどまりしばらくはそこでめぼしいバイクを集めるというような流れで窃盗をしていることがほとんどです。

また窃盗団でなく、地元の不良グループが小遣い稼ぎのつもりでバイクの窃盗を重ねているというような場合には、特定の地域内で同じような手口の犯罪が頻発していくことになります。

運悪くそうしたバイク窃盗の最初の被害者となった場合には仕方がありませんが、既に何件か同様の犯罪があちこちで起こっている状態のときには、そのパターンから逆算して防衛策をとっていくことで自分の愛車が盗まれることを避けることができたりします。

現在ではそうした同様の手口による犯罪の再発を避けるため、地元の警察や自治体、ボランティアの自警団などが主催して最近多く見られている窃盗の情報をサイトで公表していたりします。

自分の地域だけでなく、全国ニュースなどでバイクの窃盗についての注意を耳にしたなら、身近なところでも同じような犯罪が起こっていないか調べてみるようにしましょう。

情報サイトで調べることができること

バイク盗難に関する情報サイトでは、ここ最近バイクの窃盗に遭ったという被害者が直接状況や盗まれた車種について情報を出したりできるようになっています。

また管理者がしっかりしているサイトなら、そうした情報をひとまとめにし地域ごとや手口、車種ごとに最近の傾向までをまとめてくれることもあります。

盗難情報サイトで収集できる情報としては、そうした実際に盗まれたバイクそのものの情報の他、どんなロックや防御策をしていたかや、犯罪が起こる直前にどういった予兆があったかということを知ることができます。

普段自宅にバイクを停めるときには駅前など人通りの多い地域よりも施錠をゆるくしてしまいがちなところですが、実際に盗難に遭ったのがキーロックのみだったり、U字フックだけだった、もしくはワイヤーのみだったということが情報としてわかれば、これから盗まれないためにはどこまで自宅内での施錠を強めるべきかということが予想できます。

消費者センターなどでは詐欺情報も

警察や自警団からの情報の他にも、消費者センターのページには最近よくある詐欺事件についての情報を集めることもできます。

詐欺事件としては、例えば高価買い取りをうたってしつこくバイクを見に来た業社がいたり、自宅周辺に不審な人がうろつき毎日のようにポスティングやステッカー広告をバイクに貼られたというような事例が前兆となっていたりします。

特に広告ステッカーが何度もバイクに貼られているという場合には、どのくらいの頻度でそのバイクに乗っているかを探られている可能性が大なので、必ずこまめにバイクからステッカーを剥がすとともに同様のことが周辺で起こっていないかと調べるようにしていきましょう。