Category Archives: かわいく、かっこよく、そして美しく

ぺしゃんこヘアー

ヘルメットをかぶるから仕方ないんですけど、バイクに乗るとせっかくキレイにセットしたつもりの髪でもぺしゃんこになっちゃうんですよね。
せっかくのツーリングだからと思っておしゃれしても、このヘルメットのせいでせっかくのセットも台無し……
最近では、どうせぺしゃんこになるんだから、別に髪型なんてそんなに気にしなくていいやって思って普通のヘアスタイルでツーリングに出かけています。
もうズボラ全開ですよ(笑)

でもやっぱり女の子だし、かわいいヘアスタイルはちゃんとキープしてツーリングに行きたいなって思うようになりました。
会う女性ライダーさんはみんな素敵で、私もあんな風に素敵って思われるようなライダーになりたい…!って思ったので、まずは見た目のオシャレをするのも大切だなって改めて思ったので。

そこでまたヘアスタイルをがんばってみようって思ったんですが、どんなにがんばってもヘルメットでぺしゃんこになる未来が見えているので、これをなんとか出来ないかなって考えています。
ヘルメットを被ってもぺしゃんこにならない方法を知ってる人がいたら教えて欲しいくらいです。
大きめのヘルメットをかぶるってのも思いついたんですが、ヘルメットの中は湿気がこもってしまうので、どちらにしても髪はぺしゃんこになっちゃうんですよね……
とはいってもヘルメットを外したり隙間を作るわけにはいかないし。
ワックスを使っても湿気があるととれちゃうから意味もないし……

とりあえず髪をとめたり結んだり、ヘルメットに響かない範囲でボリューミーなヘアスタイルにするしかないのかなあ?
ヘアスタイルそのものがボリューミーなら、少し髪の毛がぺしゃってなっても髪型でカバーできそうな気がするし。
とは言ってもそんなにボリューミーにできるほどヘルメットの中が余裕があるわけでもないのと、ボリューミーにしてどのくらい見た目が変わるか?ってこと。
せっかくヘアスタイルを工夫してもそれがそもそも意味がなかったらだめですからね。

とりあえずみんなでツーリング行くときにはちゃんとぺしゃんこにならないヘアスタイルを見つけいたいので、今度一人でドライブがてら試してみようかな。
どうしたらぺしゃんこ感を感じさせないヘアスタイルになるか、しばらく奮闘してみようと思います。
私のヘアスタイル奮闘記なんて需要あるかな?(笑)

ズボラズボラだと思っていたけど、かわいくなることに関してはがんばってるあたり私もやっぱり女の子だなあ~と自分で思ったりしています。

日焼けに注意!

バイクに乗る上で避ける事が出来ないのが日焼け。
だけど女の子は日焼けはできるだけしたくないと思うもの。
私だってできるなら日焼けせずにツーリングを楽しみたいって思います。
でも日焼けをガードできるような屋根がかかっているわけでもなんでもないので、日焼け対策をしっかりしておかないと、あっという間に日焼け肌になってしまいます。
初めて夏場にバイクに乗ったとき、普通通り日焼け止めを塗っただけで出かけたらすっかり日焼けしてしまってたって経験があります。

ズボラなので、日焼け止めも専用のリムーバーを使わなくても落ちるのがよくて、それでそんなに強いタイプのものを選んでなかったんですよね。
だからその日焼け止めを当然のようにバイクに乗るときに使っちゃって、案の定日焼けしたみたいな感じでした。
でもその経験があったからこそ、今はちゃんと日焼け止めや日焼け対策の重要さがよくわかります。

今はちゃんと強いタイプの日焼け止めを塗って、更にバッチリメイクをして日焼け対策をしています。
これだけやっても徐々に日焼け止めが落ちてきたりして日焼けを完璧に防ぐことが出来ないので、休憩の時間は必ずファンデを塗り直すとかヘルメットやその他の装備をUVカットのものにするとか、かなり徹底して日焼け対策をしています。
その努力の甲斐もあって、今ではかなり日焼けをせずに済むようになりました。
若い頃はちょっとくらい日焼けしたって大丈夫って思うかもしれないけど、歳を重ねるにつれて日焼けをしてしまったツケが肌に現れますからね……怖いです。

ズボラな私でもこんなにしっかり日焼け止めするようになったくらいだし、他の女性ライダーの人はもっともっと日焼けに気遣ってるんじゃないかなーって思ったり。
私が見てる限りでは、女性ライダーの人ってみんなキレイで肌が白い人か、健康的な肌の色の人って感じで、中途半端に焼けてるとか手入れしてないで焼け放題みたいな人は見たことないんです。
だからそれだけキレイなお肌をキープできるように、がんばってるんだろうなあって感心します。
私なんて、焼けないようにがんばってるだけですからね。
それ以外のお手入れはちゃんとメイクと日焼け止めを落として、スキンケアして、でも美容のためにすっごい特別なことしてるかっていうとそうでもないなあって感じです。
たまにメイクの本とか見たりするけど、世の中の女性はこんなにいろんなことをがんばってるのかあって思ったら、関心しちゃいました。
私にはよっぽどのことがない限り真似できないな。

かわいく、かっこよく、そして美しく

バイクに乗る人はたくさんいますが、女性ライダーってまだまだ少ないですよね。
そのせいか、友達からは女性ならではの質問を受けることも良くあります。

ヘルメットをかぶることでヘアスタイルがぺちゃんこになったりしないの?とか、
ヘルメットの中で汗をかいてメイクがドロドロにならないの?など。

確かに、ヘルメットをかぶると、その中は悲惨な状況になってしまいます。
私なんていつもそうです。メイクはドロドロになりますし、ヘアスタイルもペタンコ。

オールバックのポニーテールにしていれば気になりませんが、
ヘルメットを取った時に風になびくサラサラなダウンヘアって憧れるのですよね。

そんな夢が実現するには、どんな方法を使えばよいのか、私もぜひ知りたいです。
もっと通気性が良いヘルメットが良いのかな?

日焼けも心配ですよ。
女性ライダー仲間に聞くと、やっぱりヘルメットから出ている顔は日焼けしやすく、
うっかり日焼け止めを忘れてしまうと、変な形に日焼けしてしまうこともあるのだそうです。

ツーリングフレンズの中には、日焼け止めは欠かさないという人が圧倒的に多く、
冬でも日焼け止め時効果のある化粧をフルメイクでするという人も少なくありませんでした。

私も日焼け止めは手放せませんね。

日焼け止めを塗っていても、やはり肌は紫外線を浴びて乾燥してしまうので、
日焼けした後のスキンケアも大切です。

日焼けして乾燥気味の肌がとてもよく似合う先輩ライダーもいますが、
やっぱり肌がボロボロになってしまうのは嫌なもの。

保湿ケアとか美白ケアは、女性ライダーにとっては必需品です。

紫外線の他にも、前を走行している車から排出される排気ガスも、肌には悪影響があります。

バイクを購入する前は、肌のお手入れもあまり気を使っていませんでしたが、
バイクに乗り出してから肌の調子が悪くなりやすくなってしまったので、
最近では美容にも気を使っています。

お洒落でカッコよく、そして美しくセクシーな女性ライダーになるには、
あらゆる部分に気を使わなければいけないのかもしれませんね。