窃盗犯に遭遇したらどうする?

決して無理は禁物です

バイクの盗難を行う窃盗団というものは、たいてい夜中や人気のないときを見計らって行動をするものですが、中には堂々と他の人の目がある中で犯行に及ぶような輩もいたりします。

あまりにも堂々と盗みを働かれてしまうと、周囲の人もまさかそれが泥棒だとは思わないという心理をついた作戦ですが、残念ながらそのバイクの持ち主までもだますことはできません。

そこでちょっと想像をしてもらいたいのが、もし自分がバイクをお店の外にちょっとだけ停めて、中で買い物をしてでてきたところ、知らない人(たち)が自分のバイクの鍵を壊そうとしていたりしたというような場合です。

いざとなってみないとそうした非常事態にどれほど自分が対応できるかということはわかりませんが、もしかしたら愛車に勝手に触るばかりか持ち去ろうとしている犯罪者に対し、カッとして殴りかかってしまうような人もいるかもしれません。

ですがここで注意をしてもらいたいのが、仮に目の前で自分のバイクを持ち去られようとしているところを見たとしても、決して力ずくで取り返そうとしてはいけないということです。

窃盗をしているのがイタズラ目的の学生くらいならまだよいのですが、中には海外のマフィアグループも窃盗団にはいるため、下手をしたら殺傷沙汰になってしまう可能性があるからです。

まずはとりあえず大きな声で騒ぎましょう

しかしだからといって目の前で愛車が分解・持ち去りをされようとしているのを指をくわえて見ているわけにもいきません。

そこでまず突然に窃盗団に遭遇をしたなら、とにかく大きな声を出して騒ぐということが大切です。
「ドロボー!」と叫ぶのもいいですし、それは自分のものだということを大きな声で訴えるのもよいでしょう。
女性ならば「キャーっ!」と叫ぶだけでもよいので、とにかく周囲の人の注目を少しでも集めようとすることが大切になります。

周囲の人が何事かと集まってきたらしめたもので、ある程度盗難のための手が止まったら素早く110番に通報をします。

たいていの窃盗犯は、グループでも個人でも目立つことを非常に嫌うため、ちょっと騒がれればすぐに逃げ出すはずだからです。

逃げ出されたら犯人の人相や背格好、言葉遣い、可能ならば乗っていった車などのナンバーを控えて通報時に警察官に伝えるようにしましょう。

いきなり通報するのも危険

泥棒は困るけど、自分が目立つのも嫌だという人などは直接警察に通報することを考えるかもしれませんが、それではもしかしたら立ち去られたあとにようやく警官が到着、なんてこともありえます。

ここ最近の窃盗団の手口は非常に巧妙になってきているので、のんびりと解体をしているグループなどはなくびっくりするくらい手早く窃盗をしていきます。

犯人を見つけたら時間との勝負になるということを考え、やはりできるだけ周囲の人を味方につけて大騒ぎをするのがよい方法と言えます。

また相手は一人だからと高をくくっていたら周囲に複数の仲間が隠れていたということもあるので、あまりいきなり近づかずできるだけ遠くから指差しなどをしてその人(たち)が泥棒であることを周囲に知らせるようにします。