GPSで居場所を確認

バイク盗難の秘密兵器

バイクは自動車に比べて持ち運びが楽で、ちょっとしたピックアップトラックがあればすぐに持ち去りをされてしまう危険な乗り物です。

もし自分のバイクが盗難にあってしまったとわかったら、まず最初にするべきことは警察への通報です。

ですがそうした警察への通報をしたからといって、必ず盗まれたバイクが戻ってくるとは限りません。
むしろ盗まれたと発覚してから時間がたつほど、元通りに戻ってくる可能性はかなり低くなっていってしまいます。
最近では盗んだバイクは手早く解体工場で部品化され、海外に輸出されてそこで再び組み立てられるという手の込んだ方法がとられるようになっているので、盗まれてから数時間~1日くらいまでの時間の追跡が元通りに手元に戻ってくるかの重要な境界線になってきます。

そこで自衛のためにつける人が増えているのが、セキュリティ会社と連携したGPS機器です。

GPSは宇宙に打ち上げられた衛星からの信号をもとに位置情報を検索するシステムですが、最近では携帯電話にもふつうに搭載されるほど手軽に使用できるようになっています。

そこであらかじめバイクにGPS機を積んでおくことにより、もし盗まれても素早く場所を把握し犯人たちを追跡できるようになっています。

セコムのGPS「ココセコム」

バイクの盗難に備えるGPSシステムの中でも、特に多くのユーザーから選ばれているのがセキュリティ会社として知られるセコムが提供する「ココセコム」というサービスです。

ココセコムは小型のGPS機能を持った機器を持ち歩いたり設置したりすることにより、その対象となる人やモノがどこにいるか24時間体制で見守ることができるようになっています。

バイクや自動車への盗難防止の他にも、大切な荷物と一緒にカバンの中に忍ばせておいたり、子供や高齢者、女性などの安全を守るために手元に置いたりといった使い方をすることができるようになっています。

ココセコムに加入していると、その専用機器をつけたバイクを携帯電話やパソコンを通じてすぐに確認をすることができるようになります。

GPS機能もかなり高精度となっており、条件がよい場合には5~10メートル以内で対象となるバイクなどを発見することができるようになっています。

GPS機器には二種類があります

便利なGPS機器ですが、「ココセコム」の他にも類似のサービスはいくつか提供されています。

利用のための月額料金などはその企業によって違うのですが、細かくサービスをみていくとそのGPS機能を維持するための機器には二種類があることに気が付きます。

1つはGPS機器が単独で使用できるようになっていて、定期的に充電をしなくてはならないというものです。
もう一つはバイクや自動車などとりつける機器のバッテリーから電源ととることで、細かく充電をしなくても追跡ができるようになっているものです。

バッテリー流用式の方が管理は楽なのですが、実際の盗難においては途中で取り付けが発覚することもあり、できれば充電式のものを選ぶほうが無難といわれています。