防犯対策

車よりも小さいバイクは、やっぱり車の盗難と比べると盗まれやすいというデメリットがあります。
自宅の倉庫などに駐車しておけるバイクなら防犯対策もバッチリですが、
自転車と同じ感覚でそこらへんに駐車してしまうと、
あっという間に盗まれてしまうので気を付けましょう。

044290
バイクの防犯対策は、
・できるだけ人目に触れない場所に駐車する
・ロックは必ずかける
・ロックポイントを間違えない
・面倒でも、カバーをかける
などがあります。

住宅事情などによっては、人目に触れないようにすることが難しいこともあるので、
できるだけ「盗みたくても盗めない」状態を作ることが防犯対策になるかなと思います。

バイクにも車体番号がついていますし、基本的には車の盗難のように警察に届ければ、
盗まれたバイクが見つかる可能性もあります。

しかし、盗難された後に戻ってきたバイクはボロボロになっていることも多く、
それを修理したりキレイにしたりするにはお金もかかりますよね。

ですから、できるだけ盗まれないように気を付けたほうが良いと思います。

万が一の盗難に備えて、盗難保険に加入することもおすすめです。

素人目にもカッコよく見えるバイクは、やはり盗まれやすいようです。

車も同じですが、カッコいいスポーツカーなどは
窃盗団がリスクを冒してでも盗みたいという気持ちになってしまうのと同じ。

バイクを購入するときには、保管場所とか保管状態なども考えながら
バイク選びをしたほうが良いでしょう。