かわいく、かっこよく、そして美しく

バイクに乗る人はたくさんいますが、女性ライダーってまだまだ少ないですよね。
そのせいか、友達からは女性ならではの質問を受けることも良くあります。

ヘルメットをかぶることでヘアスタイルがぺちゃんこになったりしないの?とか、
ヘルメットの中で汗をかいてメイクがドロドロにならないの?など。

確かに、ヘルメットをかぶると、その中は悲惨な状況になってしまいます。
私なんていつもそうです。メイクはドロドロになりますし、ヘアスタイルもペタンコ。

オールバックのポニーテールにしていれば気になりませんが、
ヘルメットを取った時に風になびくサラサラなダウンヘアって憧れるのですよね。

そんな夢が実現するには、どんな方法を使えばよいのか、私もぜひ知りたいです。
もっと通気性が良いヘルメットが良いのかな?

日焼けも心配ですよ。
女性ライダー仲間に聞くと、やっぱりヘルメットから出ている顔は日焼けしやすく、
うっかり日焼け止めを忘れてしまうと、変な形に日焼けしてしまうこともあるのだそうです。

ツーリングフレンズの中には、日焼け止めは欠かさないという人が圧倒的に多く、
冬でも日焼け止め時効果のある化粧をフルメイクでするという人も少なくありませんでした。

私も日焼け止めは手放せませんね。

日焼け止めを塗っていても、やはり肌は紫外線を浴びて乾燥してしまうので、
日焼けした後のスキンケアも大切です。

日焼けして乾燥気味の肌がとてもよく似合う先輩ライダーもいますが、
やっぱり肌がボロボロになってしまうのは嫌なもの。

保湿ケアとか美白ケアは、女性ライダーにとっては必需品です。

紫外線の他にも、前を走行している車から排出される排気ガスも、肌には悪影響があります。

バイクを購入する前は、肌のお手入れもあまり気を使っていませんでしたが、
バイクに乗り出してから肌の調子が悪くなりやすくなってしまったので、
最近では美容にも気を使っています。

お洒落でカッコよく、そして美しくセクシーな女性ライダーになるには、
あらゆる部分に気を使わなければいけないのかもしれませんね。