All posts by GRzub7uK

キャンプツーリングの自炊と基本

初めてのキャンプツーリング

キャンプツーリングを楽しむためにも、おすすめなのがアウトドア料理です。
宿を予約してその土地の郷土料理を食べるのも楽しみの一つでもありますが、やはり自然を感じながら一晩を過ごしたいという人にはキャンプがおすすめです。

キャンプツーリングをしている人は、ほとんど夕ご飯を自分たちで自炊する人が多いです。
いつもと同じメニューでも限られた調理器具の中で、外で作って食べる料理はまた違うおいしさを感じることができます。

ただしどのような場所でキャンプをするのかによってどのようなものを準備したらいいのかわからないという人もいるでしょう。
そこでどの場所でもこれだけのセットがそろっていれば、アウトドア料理が支障なくできるというものを把握しておきましょう。
そうすることで最初は簡単な料理から初めて、徐々にいろんな道具をそろえていくことで本格的なアウトドア料理を楽しむことができます。
まずは基本的な物から出来るような環境を整えていきましょう。

自炊するために必要な物

まずは自炊するために最低限必要なものを準備しましょう。
火を起こすためのバーナーとコッヘル、包丁とまな板、コップや割りばしなども必要です。
割りばしは調理するために万能で帰りには処分することができるためいくつが準備しておきましょう。

料理をするために必要なテーブルとイスは必需品です。
ツーリング用のアウトドアセットはすべてが軽量でコンパクトに作られているため、一式まとめて購入しておくと安心して使用することができます。

また自炊の為に必要なのが調味料です。
1人暮らし用などで小さいボトルの調味料を持参するのが適しています。
さらにお弁当用などで一回ずつ使い切りになっている醤油やソース、ケチャップやマヨネーズなどを利用すると荷物も少なく済むためおすすめです。
簡単に調理できるように、混ぜたら完成するようなレトルト食品などを利用しましょう。

どのようなメニューがいいのか

最初におすすめするメニューとしてはパスタです。
混ぜるだけのパスタソースを購入し、早ゆでできる短めのパスタを購入しておきましょう。

普段は沸騰してからパスタをゆでますが、燃料がもったいないため水の状態からパスタを投入します。
後は自分でゆで加減を確認しながら適度なところで水を切り、パスタソースをあえましょう。
トップングにツナ缶などを持参することでオリジナル感も出て調理をしたという実感を持つことも出来るでしょう。

パスタに慣れてきたらコッヘルを使ってご飯を炊いてみましょう。
事前にお米をはかって置き、適した水をコップで測り入れます。

30分ぐらい水につけてお米が水分を吸ったところで弱火にかけます。
約13分から18分ぐらいで炊き上がります。
何度も開けてしまうとよくないため、味見をして固いようなら少量の水を足すなど調整しましょう。

最初は失敗するかもしれませんが徐々に慣れてくるとおいしく炊けるようになります。
失敗することもアウトドア面白さの一つでもあります。

雨対策は万全に

雨の日対策グッズの紹介

今日はツーリング日和だと思っていても、行き先で急に天候が怪しくなってくるということも想定しなくてはいけません。

特にツーリングしたくなる梅雨の時期は、どのように天候が変化するかわからない部分もあります。
少しでも天気が怪しいかもしれないと思ったときには必ず雨の日対策グッツを準備しましょう。
山の天気はいつどのように変わるかわかりません。
山を登り切った先で雨が降っていることもたくさんあります。

まず必ず準備しなくてはいけないものがレインコートです。
雨が直接当たらないようにカバーする役割があるため必須アイテムです。
ただしレインコートではどうしてもカバーしきれない部分があります。
それが足です。

体全体は守ることができても足が濡れてしまうと足先から冷えてしまい。体全体の冷えにもつながります。
そのためブーツカバーも用意しておきましょう。
土足の靴を使用するため一番汚れやすくなっています。
100円ショップなどで販売しているものであれば使い捨てにしてももったいないとかんじることもないでしょう。

この二つだけは必ず雨の日対策として準備をしておくようにしましょう。

雨が降ってきたらまず行うこと

まず雨が降ってきたと感じた場合はすぐに停車できる場所を探しましょう。
雨に濡れてしまうとせっかく持ってきたレインコートを着ても意味がなくなってしまいます。

服が濡れてしまうと肌に付着して、より寒さを強めてしまいます。
なるべく雨が降ってきたらすぐに着用する、もしくは怪しいと思ったら早めに装着することがおすすめです。

そして雨宿りする場所を確保しましょう。
自分だけでなくバイクもしっかり濡れないような場所を見つけましょう。
サービスエリアなどでは屋根の付いたバイク置き場があるため、そう言った場所を休憩場所としてどの辺にあるのが事前に調べておくといいでしょう。

そして天気予報を確認しながら今後の天気の様子を確認しながらどのような計画にするのか考えておきましょう。

やってはいけないこと

ツーリング中残念ながら雨になってしまった場合、必ずやってはいけないことがあります。
それは無理に走行するということは避けるということです。
雨の日の走行は視界が悪く体温も奪ってしまいます。
さらにはスリップもしやすく点灯する危険性も高まります。

雨が強いときは無理をせず、しっかりと休息をとるようにしましょう。
体が冷えなうようにしっかりと温められるように温泉に入るもしくは室内で温かくいられる場所で体を休めるようにしましょう。
もし着替えなどを持っている場合は、なるべく着替えて風邪をひかないように気を付けましょう。

遠方のツーリングの場合は、宿泊施設などを予約している場合もあります。
そのため夜になって無理をして走行しようとしてしまう人もいます。
夜はなおさら視界も悪くなり、気温も差がっているため運転をするのは避けましょう。

かわせみ河原キャンプ場にツーリング

かわせみ河原キャンプ場

都心から少し離れた場所までツーリングを楽しみながらキャンプをしたいという人におすすめなのが、かわせみ河原キャンプ場です。

かわせみ河原キャンプ場は、埼玉県大里郡寄居町にあるキャンプ場です。
費用は無料ですが、1日300円の清掃料が必要になります。
クルマでもバイクでも費用は変わりません。
さらに指定のごみ処理場所にごみをもっていけば、ごみ処理をしてもらうことも出来るので帰りの荷物なども少なくて済みます。

都心からも移動しやすく関越自動車道の花園インターを降りて10分程度でかわせみ河原キャンプ場につきます。
キャンプ場には水洗のトイレや水場、近くの施設では500円でお風呂に入ることも出来ます。

直火は禁止ですが、コンロを持参すればアウトドア料理を楽しむことができます。
煙やにおいなども気にすることなく焼肉や焼き魚などを楽しむことができるのでとてもおすすめです。

食材の調達もバイクで10分程度の場所にスーパーやコンビニなどもあるためとても便利です。
キャンプツーリングが初めての人でも、長距離でもなく疲労感をさほど感じることなくキャンプも楽しむことができます。

夜のアウトドア料理を楽しむ

キャンプツーリングの魅力の一つでもあるのがアウトドア料理です。
直火禁止のキャンプ場になるため、コンロを持っていく必要があります。
火を起こすという手間はかからないためすぐにでもアウトドア料理を楽しむことができます。

土鍋でご飯を炊いたりコンロに網を引いてバーベキューやピザを焼いたりお餅を焼いたりといろんな楽しみ方をすることができます。
料理を囲みながらツーリング仲間と夜遅くまで語らいあうのもキャンプツーリングの醍醐味といえます。
自然の空気を感じながら外でご飯を食べることは家で食べるご飯と全く違い、同じ料理でも一味違って楽しむことができます。

またアウトドア料理を楽しんだ後は、お酒のつまみなどを焼きながらお酒を飲み明かすという人もいます。
都心とは違い遮るビルなども少なく川辺の音と共に見上げると満天の星空を楽しむことができます。

朝の楽しみ方

キャンプでは自然の光が目覚ましとなり、心地よい朝を迎えることができます。
かわさぎ河原キャンプ場には川が流れているため、朝からつりを楽しむダイバーも多いです。

のんびりした時間を過ごすことができ、キャンプならではの朝を満喫することができます。
朝から外でコーヒーを入れて川辺を眺めながら飲むのは至福の時でもあります。
そして今からの帰り道のツーリングをまた楽しみにしながら一日を迎えることができます。

変えに理はごみを分別しておけば、キャンプ場で処分してもらうことが出るため、ツーリングの人には荷物が軽減されてとてもありがたいです。

手軽に来ることができて、自然の良さやアウトドアも十分楽しむことができるため初心者の人でもおすすめのスポットです。