テントをあれこれ調べてみた

テントを選ぶときの条件

初めてのキャンプツーリングで最低限必要なものをそろえなければいけません。
そこで一番大きな問題はテントです。

テントは自分たちのその日の住み家としてとても大事な役割をしています。
そのため安くてもいけないのだろうか、高くても次また行くだろうかなど買う前からいろいろ悩んでしまう人も多いでしょう。

そこでまずどのようなテントを選ぶ場合でも押さえておくべきポイントが3つあります。
一つ目は自立式のものを選ぶということです。

自立式とはアスファルトなどペグが打てない場所でもテントを張ることができるようになっているものです。
天候や行き当たりばったりのキャンプツーリングではいつどのような場所にテントを建てるかわかりません。
どこでも対応できるような自立式のテントであれば安心して寝る場所を確保することができます。

二つ目は小さくても前室のあるものを選ぶことです。
前室とはインナーシートとフライシートの間の玄関のような場所のことを指します。
この部分が広いものほど雨の時などに調理ができたり、テントの中で必要ではない荷物を置いたり、靴などは外に出しておくことも出来ます。
便利な反面広すぎてしまうと重さや値段も高いため最低限の広さでもあった方がいいでしょう。

三つ目は価格です。
テントは安いものは5000円ぐらいからありますが、高いものは5万円近くするものもあります。
初めてキャンプツーリングをする人には次また行うかどうかもわかりません。
そのため価格は1万円以下にすると決め、それ以外の寝袋やランタンなどの費用に回すようにしましょう。

安いテントでもOK

安いものは大丈夫かなと不安に感じる人もいるでしょう。
実際に安いテントは高いテントに比べると機能性や耐久性など大きな違いがあります。
だからこそ価格に違いが生まれます。

もちろん高いものに越したことはないかもしれませんが、そこまで費用を掛けられる人は少ないでしょう。
そこで初心者であれば一万円あれば十分満足できるテントを見つけることができます。
実際に使ってみることで次はこういうものがほしいとわかることもあるでしょう。
そのためいつか買い替える可能性を考えて安いもので最初は構いません。

自分のスタイルに合ったテントを見つける

キャンプツーリングの醍醐味は人によって異なります。
あてもなく好きなところに行きただ寝るためにテントを仮設する人もいれば、目的地に早めについてアウトドア料理などを楽しみながら仲間と共にする時間を大事にしたいという人もいます。
そういう人にとっては前室が広くもし雨が降っても調理ができるようなテントがおすすめです。

またカップルでツーリングを楽しみたいという人は、なるべくテントの室内が広いものを選びましょう。
今後何度もキャンプツーリングをしたいという人には質がいいてんとで なるべく室内環境がいいものを優先して選びます。

何を目的にするか決まってから自分に合ったテントを選択していきましょう。
そのため最初は安くてもテントとして最低限の機能が果たせれば問題ありません。

キャンプツーリングの準備

キャンプツーリングでの装備

ツーリングの楽しみの一つとして、自然の空気を感じながらアウトドアも楽しむことができるということです。
自然豊かな場所へ移動し、その場でキャンプをして楽しむことも出来ます。
慣れた人であれば思いつくままに走行をして、キャンプができそうな場所を見つけてテントを張って一晩を過ごすことも出来ます。

しかし初めてのキャンプツーリングでは何をどうそろえたらいいのかわからないこともたくさんあるでしょう。
そこで初心者でも安心してキャンプツーリングするために何を準備したらいいでしょう。

まず初心者の場合はなるべく近くで一泊から始めることがおすすめです。
急に何かのトラブルがあってもすぐに帰宅することも可能です。
最初から無理なく行うようにしましょう。

そしてかならず天気予報をしっかり確認して適切なウエアを選びましょう。
雨は視界を悪くさせ、体温を奪い体調を悪くさせてしまう可能性があります。

さらに雨粒は体に当たると痛みを感じます。
高速道路を走行した場合は、雨粒が凶器に代わります。
そのため天気に関係なくライディングジャケットを着るもしくは準備しておきましょう。

バイクのチェック

キャンプツーリングの場合、走行距離が長く郊外に足を運ぶことが多いです。
そのため旅先でバイクによるトラブルなどが発生すると、どのような対応をすることができるのか限られてきます。
同じにもメンバーに迷惑をかけないためにも事前にバイクのチェックを怠らないようにしましょう。

タイヤやバッテリーのチェック、エンジンオイルの残量など事前にしっかり確認しておきましょう。

万が一突然のトラブルで、自分たちでは対応できないと判断した場合は、ロードサービスを活用しなくてはいけません。
加入している人は連絡先の確認とまだの人はこれを機に加入しておくといいでしょう。

おすすめ収納

キャンプツーリングで一番の必需品といえばテントではないでしょうか。
自分の寝床として一晩過ごす大事な場所になります。
だからと言って快適さを求めて大きいものにしてしまうと荷物が大きくなり他の荷物が入らなくなってしまいます。

テントの大きさは2人用ぐらいのものにして、折りたたんだ時に最もコンパクトになるものを選びましょう。

夜必要になるのがライトです。
ガス式のものが人気ですが、ガラスを使用しているため走行中に割れやすくなってしまいます。
そのため折りたたむことができるLEDライトがおすすめです。

最後にねるときに必要な寝袋です。
どのような環境でも使用で着るようなものを選ぶようにしましょう
そして折りたたんだ時のサイズも小さく、丸洗いができる物であれば安心して使用することができます。

冬の寒さ対策

寒さを感じるポイントを知る

冬になるとどうしてもツーリングを避けてしまう人が多いです。
その一番の要因といえるのが寒さではないでしょうか。

自然を体感できるのがバイクの醍醐味でもありますが、冬になると自然の冷たさが体に伝わりどうしても耐えられなくなってしまう人が多いです。
そのため冬のツーリングは避けて、気温が温かくなった時に計画を立てる人が多いのが現状です。

冬の寒さがネックになってツーリングを楽しめないのであれば、それは冬ならではの良さを感じることができずにもったいない思いをしています。
冬の景色は、凛とした空気の中で静まり返った風景を感じることができます。

これは他の季節では感じることができない独特の雰囲気です。
苦しい環境を走りぬいたからこそ、価値のある風景だといえます。

そこで寒さを軽減させるためにはどこをあっためておくかを知っておくことが大事です。
ポイントになるのが、足首、手首、首回りなど首とつくところです。

そしてもう一つはつま先です。
このポイントはどうしても風が入り込みやすく体を冷やしてしまう要因となる場所です。
その部分をしっかり風の侵入を防ぐことで、防寒効果を得ることができます。

防寒グッズを賢く使う

今冬でもツーリングを楽しむために便利な防寒グッズがたくさんあります。
いろんなものがあるなかで電熱グッツは、冬のツーリングに大活躍してくれます。
電池もしくは充電式のものが多く、体のあらゆる部分に対応しています。

ウエアーやアンダーシャツ、パンツなどに発熱体を装着させる対応のものと電熱ワイヤーで温かくするものがあります。
発熱体は即効性があり、発熱体は体全体をあっためてくれます。
それぞれ特徴が異なるため、自分の体にフィットしていると感じるものを選びましょう。
ウエアーだけでなく、グローブやインソールにも発熱体を使用しているものも発売されています。

そのため冬のツーリングの悩みを大きく改善してくれるアイテムがたくさんあります。

冬のツーリングでのコツ

寒い冬のツーリングをしのぐためのコツがいくつかあります。
まずツーリングでの不安の一つに道路の凍結があります。
滑って転倒したらどうしようという不安を持っている人も多いでしょう。

凍結しやすい特徴としては、橋のうえ、トンネルの出入り口そして一番危険なのが峠の日陰部分です。
この3つのポイントに注意しながら走行するだけで、転倒するリスクを大きく回避することができます。

そしてもう一つは体の冷えを感じる前に休憩をして体をしっかり温めることです。
目的地に早く着きたいという気持ちから寒さを我慢して走行してしまうライダーが多いです。
冷えは思うように体の部分が動かなくなってしまう可能性も高いため安全な運転がしにくくなります。

また体と同じくバイクもオイルやサスペンション、タイヤベアリングなどいろんな箇所が冷たくなってしまっています。
そのため急な運転は避けることでバイクに不安が少ない走行をすることができます。